【関西四国】徳島県サーフポイント情報とアドバイス

関西サーファーなら必ず行くポイント四国。和歌山、三重、徳島!そして冬場は日本海の鳥取、京都。このポイントで波のある所を調べ、夜中から車を走らせるのが関西サーファーだ。今回は関西でも日本屈指の波が存在する徳島県のポイント情報を紹介します。

徳島県サーフポイント情報&アドバイス

小松海岸(こまつ)レベル:初~上級

大阪から神戸淡路鳴門道を下りて少し走ると吉野川にあたる、その河口の横に小松海水浴場がある。生見がクローズ気味や波がデカいときにチェックすれば波はあるはずだ。

ビーチの真ん中に防波堤があり、浜からむかって右側でサーフ可能。台風のときは左側でもレギュラーの波も楽しめる。

内妻(うちずま)レベル:初〜上級

地形はサンドボトルで、まあまあ安定している。春から徐々に波が立ち夏にはコンスタントに波がある。

ダブルくらいまでサーフ可能である。そのため一年中サーファーでにぎわっている。南ウネリに敏感に反応し、南東ウネリならレギュラー、南〜南西ウネリではホレたグーフィーの波を堪能できる。

磯ノ浦に波がある時に内妻も波があるので頭に入れておこう。

(昔、アタマオーバーの波を脳天にくらい死にかけたことを思い出した)あせった!笑

海部川河口(かいふがわかこう)レベル:中〜上級

世界に誇る日本のリバーマウスの1つそれが海部。

梅雨や豪雨によって運ばれる大量の水と砂とが河口のサンドバーを整え、うねりが入れば海部川河口の真価が発揮される。

パワー、質ともに超一級のパワーバレルが姿を見せる。河口の地形を常にチェックして年に数回のパーフェクトウェーブを待っているローカルたちが多いのも確かだ。

もちろんローカルたちが絶対的な優先権があることは覚えておこう。

ビジターが狙うならスモールサイズのときの朝一を狙ったほうがいいだろう。

スポンサーリンク

宍喰(ししくい)レベル:初〜上級

ビーチに並んだテトラポットの沖でブレイクする宍喰の波。レギュラー、グーフィーともに波がわれ、右端の小さな河口のレギュラーもある。スモールサイズの時は干潮時を挟んで2.3時間サーフ可能になる。初心者でも比較的安心してサーフィンできる。

竹ケ島(たけがしま)レベル:中〜上級

普段はあまり波は立たないが台風のうねりで海部周辺がクローズアウトした時、チェックしてみよう。島にかけられた小さな橋の北側にレギュラーブレイクが現れる、流れがきついし、ボトムがリーフで危険!中〜上級者オンリー。

生見(いくみ)レベル:初〜上級

引用:http://kochi.michikusa.jp/newpage23.html

注:生見から南は高知県になります

四国なら生見でメジャーなポイントで初心者はこのポイントから入るといってもいいくらい有名である。

駐車場、トイレ、シャワー、飲食店、宿泊施設も多いので全国からサーフトリップを歓迎してくれる。

2キロに渡るビーチにはいろいろなところにブレイクが存在し、波のパワーも十分ある。サイズも2ft〜4ft位がちょうど良いので初心者から上級者までレベルに合ったサーフィンを堪能できる。

尾崎(おざき)レベル:初〜上級

生見から国道55号線を南下すること20分から30分走ると尾崎にたどり着く。

リーフの上に砂がのっているボトムなので慣れない内はクセのある波と感じられるが生見よりワンサイズ大きい波を期待できる。

正面のレギュラーとグーフィー、両サイドのレギュラーとグーフィーが堪能できる。

椎名(しいな)レベル:中〜上級

室戸周辺のサーファーが集まるローカルポイント。東うねりが大きくなり尾崎がクローズしたときにチェックするポイント。レギュラー、グーフィーともに比較的乗りやすい波。ボトムはリーフで、グーフィー側は手前に岩が出ているので注意が必要。

サーフィン無料波情報 関西サーファーのためのweve-bingo

 

lovesurf