富山、石川県サーフポイント情報とアドバイス

能登半島によって西よりのうねりをブロックされてしまうため、富山湾に面したポイントの波はそう簡単には上がってくれない。ウネリが回り込む地形が多いためサイズアップしてもクローズしにくいのが特徴。ウネリが落ち着くときが狙い目!

富山 サーフポイント情報とアドバイス

サイズが上がりさえすればクオリティは高い。ビーチ、リーフ、河口とバージョンは多数あり楽しむことができる。サーファーは少ないのでタイミングさえ外さなければ楽しいサーフィンができるはずだ。

常願寺河口(じょうがんじかこう)レベル:上級

水橋町と浜黒町の境を流れる常願寺川の河口がポイントだ。富山ローカルが大切にしているポイントだ。

河口の中央で割れる波は、地形さえ決まれば初心者でも楽しめる波になる。ボトムはサンドで地形が決まって、サイズが頭以上にアップすると波質は一転する。

ピークの位置は決まり、リーフポイントのブレイクのように変わる。

サンビーチ レベル:初〜上級

一号線を西に行くとサンビーチというプールが昔あった、その裏にポイントがあることから、その名前がついた。

典型的なビーチブレイクで、初心者から中級者向けのファンウェイブだが、サイズがアタマ以上になるとクローズしてしまう。

岩瀬(いわせ)レベル:初〜上級

岩瀬浜の駅を過ぎたら岩瀬浜海水浴場の方へ。この海水浴場エリア内がポイントになる、サンビーチとは浜続きである。

富山ではメジャーなビーチでテトラとテトラの間から割れる波はイージーで初心者でも大丈夫だ。サイズが上がると沖への強いカレントが発生するので注意。

庄川河口(しょうがわかこう)レベル:中〜上級

庄川の富山市よりの河口がポイント。川の流れが早いので中級以上向け。あんまり波は当たらないが地形さえ整えばライト、レフトの両方のパーフェクトブレイクを見せる。

ローカルが大切にしているポイントなのでルール&マナーには気をつけよう!

松太枝浜(まつだえはま)レベル:初〜上級

松太枝浜海水浴場の隣がポイント。施設面では充実している。ローカルたちはこのポイントから始めると言われるほど、初心者の練習には丁度いいビーチブレイクだ

グーフィー、レギュラー両方ともOKで、地形が決まればイージーなブレイクからパーフェクトブレイクまで決まってレベルを問わない。地形が決まりにくいのが欠点。

富山サーフポイント アドバイス

*岩瀬ポイントは毎年冬になると不思議と地形が決まる。左側テトラからのグーフィーと右側テトラからのレギュラーが中心。ビジターはまずここに向かおう。

*ビギナーにオススメなのが松太枝浜ポイントで、たるめのブレイクが中心。

常願寺川より東側のポイントは基本的にローカルオンリーということを覚えておこう。ビジターは、入れないと思った方が無難!

日本海サーフポイント・京都、鳥取の情報とアドバイス

石川県サーフポイント 情報とアドバイス

能登半島が北、西ともにウネリをキャッチ。西岸は日本海側の波が上がるパターンの典型が当てはまるエリアで『西高東低』の冬型気圧配置に伴う北西よりの風によってサイズアップする。

また、強い北西風で金沢周辺のビーチがクローズしても、能登半島にあるリーフポイントは入り組んだ地形が風の影響を弱めてくれる場合が多い。

スポンサーリンク

能登半島西岸は南西うねりに対する反応も良いので、春〜夏にかけても南西の風でサーフ可能になる。

門前(もんぜん)レベル:中〜上級

泣き砂の浜として知られる琴ヶ浜が門前ポイント。基本的にはビーチブレイクだがところどころに岩が出ている所は注意。

鹿頭(ししず)レベル:中〜上級

能登ローカルのメインリーフが鹿頭ポイント。狭いポイントブレイクなのでサーフできる人数も限られる。

波がいいときはローカルたちが必ずいる。メローなリズムでサーフィンしてきたポイントなので、大人数でセッションを楽しめないだろう。

増穂浦(ますがほうら)レベル:初〜上級

海水浴場にもなっている浜のメインのビーチブレイクと、浜の北端に流れ込む酒見川の河口ブレイクの2タイプに分かれる。柴垣Pよりもワンサイズ小さく、柴垣Pがクローズした時はチェックしよう。

柴垣(しばがき).ギャラリー前、ペンション前 レベル:初〜上級

柴垣海岸は、ミニ天橋立と言われる長手島の景勝が特徴で、夏には海水浴場として賑わうビーチだ。

長手島浜は二分され、北側のギャラリー前と、南側のペンション前に分かれる。ギャラリー前は北〜北西のウネリを、ペンション前は西〜南西のウネリをキャッチしやすい。

ペンション前は乗りやすいビーチブレイクで、ギャラリー前はビーチだがポイントブレイクのような波。コンスタントに波があり初心者から上級者まで楽しめる。

滝(たき)レベル:中〜上級

柴垣の南、滝町の滝崎にあるのが滝ポイント。手前から岩場になっているリーフポイント。コシ〜アタマオーバーぐらいまでなら、最高の波が割れているなずだ。

大浜(おおはま)レベル:初〜上級

内灘海水浴場が大浜ポイント。広いビーチブレイクのいい波だ。サイズが上がるとカレントには注意。

金石(かねいわ)レベル:初〜上級

金石港の堤防とテトラの左。ローカルにとってはポピュラーなポイント。ウネリと地形に左右されやすいということ。

北西よりのウネリを受け、その方向によってブレイクの位置も左右する。

専光寺(せんこうじ)レベル:初〜上級

健民海浜公園の南側のビーチが専光寺ポイント。浜から突き出ているテトラが特徴で、その間にいくつかのポイントがある。

砂が付きやすい、パワーのある波が特徴で、初心者から上級者まで楽しめる。コンスタントに波があり、ローカルが常にチェックするポイント。北ウネリの方が狙い目になる。

美川(みかわ)レベル:初〜上級

手取川の河口が美川ポイント。手取川を挟んで両方のビーチがポイントになる。南西の風なら北側。北東の風なら南側が良い。

安宅の関(あたかのせき)レベル:初〜上級

観光地の安宅の関跡の目の前の浜がポイント。テトラから割れるレギュラーが良く、チューブも巻くパワフルなビーチブレイク。カレントがキツイときは初心者は注意。

石川県サーフポイント アドバイス

関西サーファーは日本海に行くとき、福井県止まりになるために、このエリアは比較的に空いている。

*この辺りは地形の動きは速いので、マメはチェックが出来ればいい波を当てることができる。

*強い北西風で金沢周辺がクローズしたら、能登半島方面をチェックしよう、入り組んだ地形が風を軽減してくれる。

l.s.p.p編集部から一言

冬場のサーフィンをするか、しないかで来年の春からサーフィンに影響するのは事実だ。

冬の日本海の荒波、冷たい水で鍛えた体は、サーフィンの技量や、肉体的にも精神的にも成長できるはずだ、そのためにはpassion(情熱)が必要になってくる。

しかし、冬の日本海でもポイントパニックになることがあるので、富山、石川県のサーフトリップをオススメしたい。

入ったことがないポイントのことは、波が良くても悪くても忘れないものだ。連休を使って仲間達と富山、石川県にサーフトリップも楽しいですよ。

みんなにいい波が当たりますように!

lovesurf