【日本海サーフポイント】京都、鳥取、の情報とアドバイス

関西サーファーが日本海にサーフィンに行くとなれば、丹後半島の北西岸に位置する、この京都の方面と福井県の高浜周辺と並んで冬場のメジャーポイントとなる。

京都サーフポイント情報 アドバイス

メインシーズンは北西の季節風が吹く冬場で、北西〜北東の幅広いウネリに反応する。

琴引浜Pは”鳴砂”で有名である。サンドバーは比較的に形成されやすく、パワーのある波で上級者には、なかなか面白い波と思います。
個々で説明していきます。

琴引浜(ことびきはま)レベル:中~上級

国道178号線を走っていると標識がたくさん出ているためにすぐに分かると思う。琴引浜と言えば河口のチューブで、北~北東のスウェルがヒットすると河口のチューブが姿を見せる。

ビーチブレイクもパワーがあり、北東スウェル、南のオフショアが揃えばチューブが現れることもある。サイズが小さい時は初心者でも楽しめるがサイズアップするとカレントも強くなるので注意しよう。

八丁浜(はっちょうはま)レベル:初~上級

八丁浜を見たら美しいビーチだと思うくらい、きれいな白いビーチである。

ビーチが北東に向いているためウネリがダイレクトに入らない、西~東よりの余波が入り込んでくるという感じが多い。他のポイントより小さい時もある。他のポイントがクローズしたときはチェックをしよう。

灯台グーフィーとフロントでブレイクする。フロントはグーフィーとレギュラーの両方ともOK!初心者でも楽しめる波である。北西の風が吹くと、強いカレントがでてしまうので注意。

浜詰、浜詰河口、箱石、葛野浜(かづらのはま)、小天橋(しょうてんきょう)レベル:初~上級

浜詰から順にポイントがつづくエリアで、箱石P以外は初心者でも楽しめるポイントになっている。箱石Pは中級者以上レベルが必要で、ローカルが大切にしているポイントなので、ビジターは控えたほうがいいだろう。

浜詰Pはビーチにそのまま車ではいれるので、仲間や家族づれには嬉しいポイントだ。初心者にオススメポイントです。
浜詰河口P河口にできるサンドバーはホローかつパワフルな波が形成される。葛野浜Pは夏は海水浴場としても有名で、メローな波で地形が決まりやすいのでビジターには嬉しいポイント。
小天橋P丹後半島の西端に位置するため他のポイントよりワンサイズ小さめなのが特徴。北西のスウェルで他のポイントが大きいときにはチェックをしよう。

■京都サーフポイント・アドバイス■

・平Pは琴引浜を東に行くと丹後松島海水浴場の手前に位置する周辺では数少ない河口ポイントである。サイズが上がるとエキスパートオンリーになる。

・琴引浜がハードな時は八丁浜をチェックをしよう。

・丹後半島には他にもサーフポイントはあるがローカルが大切にしているポイントが多く、軽い気持ちで入らない方がいいだろう。

鳥取サーフポイント情報・アドバイス

スポンサーリンク

関西サーファーなら必ず行く、鳥取方面のサーフポイントである。ポイントはたくさんあり、ビーチブレイクがクローズしてもリーフブレイクが待っているのが鳥取だ。何個かピックアップして紹介していきます。

羽尾(はねお)レベル:初~上級

コンスタントに波が立つポイント。山に囲まれているため風の影響を受けにくく、西~北西の風をかわしてくれる。

浦富(うらどめ)レベル:初~上級

地形が安定しているため、いい波に出会える可能性は大きい!人気スポットになっている。波はパワーもあり、形もグッドの時が多い。グーフィーとレギュラーともにブレイクする。夏場は海水浴場になっている。

白兎(はくと)・小沢見(こぞみ)レベル:初~上級

白兎海岸の長いビーチのいろんな場所で波が割れている。左側の岩場の方がいい波が立っていることが多い。ローカルが大切にしているポイントの一つでもある。
白兎からトンネルを抜けると着くのが小沢見Pで、個人的には好きなポイントでもある。ここのいいところは他がフラットでも、ハラ前後の波が期待できること。チェックをするようにしよう。

船磯(ふないそ)レベル:初~上級

船磯漁港の防波堤の脇からグーフィーのパーフェクトウェイブがブレイクする。レギュラーも割れている、防波堤の横にカレントがあるために浮いてるだけでアウトまで連れていってくれるのが楽で嬉しい。
朝一や夕方の風の弱いときを狙えばいい波に出会えるかも。ここはローカルが大事にしているポイントなのでルール&マナーは守ろう。お薦めポイントです

青谷(あおや)レベル:中~上級

オンショアが強くても、長尾鼻のおかげで北東の風が影響を受けずにビーチブレイクが楽しめる。船磯Pから西側の峠を越えた反対側に位置する。

羽合(はわい)レベル:初~上級

メジャーポイントの一つで春先にいい波が立つ。ビギナーからエキスパートまでサーフしているので、波の良さは言うまでもないだろう。

逆バーレイ レベル:中~上級

西風が強い時がいいが東に流されやすいので注意が必要。ロングライドできるグーフィーのグッドウェイブである。ローカルも他よりかは強いのでルールは守るように。

名和川(なわがわ)レベル:初~上級

この地域のメインポイントになっているのが名和川P。北東から南西までと風の幅は広い、ボトムは玉石のために地形は安定している。ロングライド可能なレギュラーで、テイクオフもイージーなのが人気の秘密。
ローカルは波があれば必ずいるのでルール&マナーは守ろう。入ったことがなければ一度は入ることを強くオススメします。

■鳥取サーフポイント・アドバイス■

・北西風の場合は、羽尾P、赤崎P、船磯P、八埼Pが要チェック。左側に山や堤防などがあり、風を軽減してくれる。

・北東の風であれば青谷Pをチェック。右にある岬がこの風の影響を抑えてくれる

・サイズがでかくなったときは、船磯P、赤崎Pが比較的にクローズしにくく、ダブルくらいまでサーフ可能。

・ビジターにオープンなのは、青谷P~羽合P。

日本海サーフポイント 富山 石川 情報とアドバイス 

lovesurf