静岡県*浜松・舞阪サーフポイント情報とアドバイス

御前崎から伊良湖岬まで続く遠州灘の、真ん中あたりが、浜松、舞阪のポイントだ。必ずどこかで波があり、サーファーにはありがたいサーフポイントでもある。

浜松サーフポイント情報、アドバイス

豊浜(とよはま)レベル:初〜上級

イージーなビーチブレイクの波で初心者でも楽しめるのが特徴で、堤防の内側でブレイクしている。サイズが上がるとパワーのあるホレた波になる。

鮫島(さめじま)レベル:初〜上級

浜松シーサイドゴルフクラブのクラブハウスを過ぎて右手に駐車場の先が鮫島ポイント。

メジャーポイントのひとつでローカル以外のサーファーも多く訪れる。初心者でも十分に楽しめる波でパワーをある。

駒場(こまば)レベル:中〜上級

基本的にサイズが上がらないと本来の姿とは言えないが、もともとパワーのあるビーチブレイクだ。テトラがあるためにインパクトのある波もブレイクしている。

天竜川の流れが入り込むため流れもキツく、サイズがないときでも、上級者オンリーのポイントとなったと言える。しかし、テトラの脇でも、ブレイクがするために初心者でもサーフ可能になっている。

中田島(なかたじま)レベル:初~上級

厚めの波ながら徐々にホレてくる波が特徴の中田島。遠浅のビーチではないために、サンドバー次第ではチューブも楽しめる嬉しいポイントである。

県外からのサーファーも多く訪れる浜松のメインポイントだ。海に向かって左側の馬込川の堤防以外はなにもなく、ただ広いビーチが続くため、いい波のポイントを自分で探してサーフィンすることになる。

一条(いちじょう)レベル:初~上級

中田島から舞阪方面に行くと一条工務店の看板のところを海方面に行ったところが一条ポイントになる。初心者でも楽しめる波で練習するには良いポイントといえる。サイズが上がってくれば徐々にホレる波になるため、足を運ぶサーファーも多くなってきてる。

■浜松・アドバイス■

エリアが南に開いているため、春~秋にかけて台風や低気圧が南海上を通過したらサイズアップは早いが、冬場の低気圧は東海沖に近ずいてから発達するケースが多いため、東に抜けてからバックスウェルによって反応か、あるいは急速に通過した場合は最後まで波が上がらないことが多い。

五島ポイントは堤防やテトラのおかげでサイドショアやオンショアにも強く、他のポイントがジャンクコンディションでもマシなブレイクでサーフィンできる。ローカルたちも大事にしているポイントなのでルール&マナーには注意。

スポンサーリンク

 

舞阪サーフポイント情報・アドバイス

舞阪灯台前(まいさかとうだいまえ)レベル:初~上級

舞阪町役場の信号を左折、道なりに海方面へ行くと小さな灯台が見えてくる。この灯台の前がポイントとなる。波は初心者でも楽しめるビーチブレイクでイージーな波だ。

舞阪メイン(まいさかめいん)レベル:中~上級

舞阪ローカルには、メインポイントで全日本の大会が開催するぐらい全国的に有名なポイントである。年間を通じてコンスタントに波があり、地形次第でホレた波、厚めの波も十分にパワーがある。

ローカルサーファーのホームブレイクでもあるので、ビジターはルールを守ること。また、潮の流れも強いために初心者あキツいともいえる。灯台方面をずらせば、ブレイクはいくらでもあるので、メインポイントが混雑しているときは移動することをおすすめします。

舞阪メインポイントではロングボードはメインピークを外すという暗黙のルールがある。SUNが昔ローカルに聞いたんだが、今もロングがメインを外しているかはわからない。

新居浜(あらいはま)レベル:初~上級

浜名バイパスなら新居弁天の前、国道1号線なら浜名湖を超えてすぐ左折したところが、この新居浜ポイントだ。永遠に伊良湖まで続く広いビーチのため、自分にレベルにあった波を選ぶことができる。南東から南西とスウェルの幅が広いため、浜松方面に訪れてときは、必ずチェックしておこう。

大倉戸(おおくらど)レベル:初~上級

新居浜と同じビーチブレイクの大倉戸だが、ここは少ないローカルが守ってきたポイントで、パワーも十分なファンウェイブが特徴。ビジターサーファーは必ずルール&マナーは守るように。

■舞阪・アドバイス■

東風なら新居P、西風なら舞阪メインPが、堤防やテトラによって比較的に風をかわしてくれるが、浜名湖の影響もあって風向きやサイズなどの条件によっては強いカレントが入るので要注意。

サイズアップすると、周辺はクローズしやすいが、舞阪メインのレギュラーが比較的にクローズしにくく、ダブル位までならサーフ可能。ただ、カレントが強くなるために上級者オンリー。ちなみに舞阪メインや浜松の五島Pまでがクローズした場合には、この周辺でのサーフィンは諦めて静波方面に向かおう。

もともとローカル色が強いので、中田島や大倉戸方面へ場所を移したほうが、気軽にサーフィンできるでしょう。

メジャーポイント以外でもそのときのサンドバーや潮の干潮のタイミングで良い波にありつける。人の少ないポイントサーフィンしたいならメジャーポイントを外してチェックしてみよう。

lovesurf