サーフィンに行こう!伊豆のサーフポイント情報とアドバイス

東海エリアの伊豆は青い海を持つ最高に美しいロケーションの観光地・温泉地としても有名で他府県サーファーの人気も高いメジャーエリアである。海岸線が入り組んでいるため、サーフポイントが近くにあっても風向きやウネリのむきが異なることが多く、サーフポイントの選択ができるのである。

伊豆サーフポイント 情報 アドバイス

宇佐美(うさみ)レベル:初~上級

熱海から伊豆半島を走っていくと、最初にでてくるのが宇佐美。海に向かって左側の漁港近くにBポイント、その右側の開けた海岸がビーチポイント。

ビーチポイントは初心者から楽しめるポイントで、真ん中付近はローカルゾーン。サイズが上がればBポイントの出番。

玉石のボトムで構成されるロングウォールのグーフィーで、パーフェクトなブレイクを見せる。レギュラーもショートライドながらある。風は北東のサイドオフがベスト。

今井浜P・河津P レベル:中級

今井浜Pはウネリがスモールだとインサイドのビーチブレイク、サイズアップすると沖の岩棚にヒットしてピークができるトリッキーなリーフブレイクでサーフィンできる。

北東の風をかわせる上、周囲が崖に囲まれていて風が吹き抜けにくいことで、オンショア時にも面への影響が少ない貴重なポイント。

南隣にある河津Pは、テトラの影響でいい波は姿を消してしまったが、昔はエクセレントなリバーマウスブレイクとして知られていた。

今はインサイド気味のブレイクと、流の入った河口のダンパー気味なブレイクとなっている。

両方とも低気圧が通過した後の南〜東うねりに反応する。

白浜P(しらはま)レベル:初級

伊豆エリアの表玄関とも言える一番メジャースポット。上から、プリンス前神社前中央レステル前となっている。

東向きのビーチなのでもちろん東ウネリに敏感だが、強い南西風による風波や、台風をはじめとした発達した低気圧からの南ウネリの場合にも、南側に突出した爪木崎を回り込んで届く分、ウネリが切れてパーフェクトなレギュラーブレイクとなることが多い。

白砂は軽く動きやすいため、砂の付き方によってブレイクは大きく左右される。夏場は南西~南ウネリによって神社P周辺に砂が寄せられるが、北東のオンショアで荒れたときなどは、レステル前方面に砂が集まってサンドバーが形成されることが多い。

また、プリンス前はリーフが多く地形が安定しているため、冬型気圧配置にともなう強い西風の日を除けばコンスタントにサーフ可能。

スポンサーリンク

吉佐美方面

引用:https://www.izu-wave.com/area.html

多々戸浜(たたとはま)レベル:初~上級

下田の市街を抜けて、少し走ると多々戸の入り口に出る。ここは下田周辺でもローカルが集中するビーチとして知られている所。

だからレベルも抜群に高い。その海の中のハードな感じとは裏腹に、ビーチ全体はとても落ち着いた雰囲気を醸し出している。

南向きの多々戸浜は、北~北東がオフ。西風はオンショアとなるが、それでも十分にライドできる。ビーチにはゴミが見当たらない。ローカルあっての美しさなのである。

入田浜(いりたはま)レベル:初~中級

多々戸の隣に位置するのが入田浜。ここはビーチを二つに分けるように大きな岩があり、右と左では波質も変わってくる。

右側のビーチは波のパワーもなく、初心者向き。左側は、波のパワーは強く、カレントも早いので注意が必要だ。ビーチの向きが東北東のために、ビーチの右側は、南風が吹いても影響が少なくサーフィンできる。

大浜(舞磯・カシャネ・松根)レベル:初~上級

入田浜の隣の位置が大浜。ここは伊豆周辺の中でも、一番大きな波がたつことで知られるところだ。海に向かって右のレギュラーを松根左のグーフィーをカシャネと呼ぶ。また、大賀茂川の正面ブレイクを舞磯と呼び分けている。

松根とカシャネは8~10月の台風シーズンと、1~3月までの西高東低の気圧配置のときに波がよく、地形さえきまっていればチューブになることもある。

サイズが小さい時でもホレ方はなかなかのもの。舞磯は川の流れ次第。初夏に日本海側に低気圧が入ると波が立つこともある。

田牛(とうじ)レベル:エキスパート

大洗と同じ向きの海岸で、大洗にウネリが入っているときに、波がある可能性が高いのでチェックを欠かせない、波は速いことが多いが、地形が整えばスーパーウェイブが姿をあらわす。

波のホレか方は上級者にさえ緊張を強いる程。波が本気になったら、ギャラリーに回るのもいいだろう。

■アドバイス■

・白浜pが北東風でチョッピ―コンディションのときは、今井浜P・多々戸浜Pが要チェック。特に多々戸浜Pは北東風に強い。

・多々戸浜がチョッピーコンディションのときは風が南~南西よりのときは白浜P、南西~西よりなら入田浜P・大洗Pをチェックするのがセオリー。

・台風などの低気圧が南西海上から接近すると、まずは南ウネリに敏感な吉佐美方面のかくポイントがサイズアップし、南海上を通過するにつれて回り込むウネリで白浜Pも徐々に上がり、レギュラーがよくなる。台風や低気圧が東に抜けてからは吉佐美方面では徐々ににサイズダウンしてしまうが、東ウネリに敏感な白浜Pだけは波が残るというパターンが多い。

lovesurf