サーフボードを積むとき便利で人気の車を紹介!キャリアの積み方まで。

サーフィンに行くときに車をほとんどの人が使うと思うが、用途によって便利の車は色々ある。サーフボードの積める人気の車を紹介しよう

サーフボードが積める人気の車

車にも色々なタイプがある。バンステーションワゴン4WD、を紹介していきます。

ハイエース バンタイプ


サーファーの車と言えばこの”ハイエースバン”ですね。全国どこに行ってもサーフポイントに行けばハイエースは必ず止まっているくらい人気がある。

室内は広いし人数も乗れる、ディーゼルなら燃費もいい、見た目もカッコイイ、しかも故障がしない。欠点があるとしたら新車価格が高いところである。

10万㎞こえても、まだまだ走るので中古でも値段が下がらないくらいです。ちなみに前にハイエースを乗っていましたが、9万㎞の中古車で25万㎞まで一度も修理なしで乗ったことがあります。

25万㎞走っている車なんかほとんど廃車なんですが、18万円で買い取ってくれました。売る時も高値で買い取ってくれるのも、人気の一つですね。

プリウスα ステーションワゴンタイプ

ステーションワゴンタイプではプリウスαが一押しです。何故か? 燃費がすごくいいんです。トヨタのカタログでは26,2,km/lで実燃費は20km/lは伸びるでしょう。

一人とか二人で行くにはちょうどいいサイズだと思いますね。セカンドシートを倒せばショートボートも楽々積むことができ、ボードをキャリアに積めば室内に大人二人なら十分に寝ることが可能です、個人的にオススメな車です。

スポンサーリンク

デリカD:5 4WD

4WDと言えばデリカですね!ディーゼルなら燃費は10km/l切るくらいです。そんなに良くはないですが、室内は広く、よく走る車なので仕方がないかな。

サーフポイントによっては道が悪い所もあるし、砂浜を走るときもある。デリカならガンガン走れるので安心ですね。

ウェイク 軽カー BOXタイプ

近場のサーフポイントに行く方や一人でサーフィンに行く方に、ちょうどいいのが軽BOXタイプのウェイクです。

燃費も23,8,km/lあり(カタログでは) 実燃費は18km/lはあるので遠くのポイントにも行けそうです。助手席を倒せばショートボートも楽々積載できます。

サーフボード キャリア 積み方

サーフボードは本当は中積みがいいんです。それは夏の暑いときに何時間もさらしておくと変色や劣化の原因になる確率が上がるからなんです。

中積みするときは、ハードケースかソフトケースに入れて積むようにしよう。ソフトケースでもボードに傷がついてしまうことがあるので、ボードとボードの間にタオルなどを挟んでといいでしょう。

ボディーボードは必ず中積み(熱で変形してしまうので)

キャリアにボードを積むときはボードのテールを前にして、裏返し状態(ボトムが上)で積むようにしよう。ソフトケースで積むときは、テールはしっかりと縛ること。

ハードケースもチャックは最後まで閉めること、風が入ってくると危険!

中積み ルームキャリアーの取り付け方

lovesurf