関西サーフポイント・和歌山 磯ノ浦&勝浦/三重 伊勢の情報

この記事には和歌山の磯ノ浦と勝浦。そして三重の伊勢のポイント情報&アドバイスを書いています。これからサーフィンを始める人は読んでもらいたいので参考にしてください。

電車を含めた都市部からのアクセスの良さと、ポイント周辺の駐車場やシャワー等の施設が充実していることから、近畿園では人気の高いエリアだが、紀伊半島と四国とに挟まれた内海と言うロケーションから、波の上がる確率は低く、また普段から遠浅のビーチに特有の力のない波が多い。

関西サーフポイント・磯ノ浦

 

台風からのスウェルがヒットすることがあるが、低気圧が日本海側に入った場合のオンショアでもサイズアップする。
いずれにしてもせっかく波が上がっても1日限りで終わってしまうようなことも多く、長くは続かないと思ったほうがいい。
最後に、磯ノ浦の最奥には奥磯ポイントと言うリーフがあるが、年に数回しかヒットしないこともありローカルがとても大切にしているブレイクであることをつけ加えておく。

磯ノ浦初心者のためのアドバイス

同じ南うねりの影響を強くを受ける四国の内妻ポイントの波がサイズアップすると、やや遅れて磯ノ浦ポイントにもウネリが届きだすことが多いので覚えておこう。
磯ノ浦ポイントにウネリが入る条件の1つに紀伊水道の潮の流れがあるが、実は潮回りと密接に関連している。
満月に向かって行く潮周りのときには潮のあげ込みのタイミングで、新月に向かう潮周りの時にはひきはじめのタイミングで、それぞれうねりが入りやすくなる。大潮ならばなおさらその傾向が顕著になる。

関西サーフポイント・御坊、勝浦

同じ紀伊半島の東岸とはいえ、磯ノ浦に比べればが外洋に近い位置にある御坊方面には、北から北東よりのオフショアが強いときやウネリの向きが悪い時でも比較的波を期待できる。
ただしリーフブレイク中心なので最低でも腰から胸位のウネリは必要で、基本的にビックウェーブ中心の上級者向けのエリアと考えてよいだろう。
さらに南下して紀伊半島の最南端から少し東側に進んだ那智勝浦方面にも、8〜10ftまでサーフ可能と言われる日本屈指のハードコアなブレイクが存在する、この周辺では比較的メジャーな下里ポイントは、東から南ウネリに反応するため、伊勢エリアや伊良湖エリアの状況を目安にして上を予測することができる。
だいたい伊勢の1サイズ大きめで、予測してもいいだろう。
南紀全般として、高速道路の延長等によってアクセスは向上しているが、残念ながらそれがサーファーの増加につながりトラブルも増えている。
ローカルが大切にしているポイントも多いので、基本的にルール&マナーは守り、周辺への配慮を忘れずに心がけてください。

和歌山・初心者のためのアドバイス

磯ノ浦ポイントがクローズし始めると、加太海水浴場を始めとした周辺の海水浴場やリーフポイントでもサーフィン可能となることが多い。
またこうしたときには南紀エリアのリーフポイントではクラシカルな波が確実にブレイクしている
僕はいつも御坊方面の波は磯ノ浦ポイントよりも2サイズ大きいと思って予測している。
低気圧が東へ通過した後は、御坊方面よりも、東に向いた那智勝浦方面の方が波が長続きし、また西がらみの風もかわしやすい。
磯ノ浦ポイントがクローズした時は、海南の片男波や浜の宮でも、サーフ可能。最近はあまり入ってないが、昔はチューブが巻いている時もあった
同じく御坊の産湯海水浴場でも、サーフ可能。
波があまり大きくならないので、小さい波が好きな人には、おすすめ。

 

最後にもう一度言いますけど、ルール&マナーは守り楽しくサーフィンしましょう。

関西サーフポイント・伊勢

国府の浜

伊勢エリアのメインブレイクと言えるポイント、テトラや水門等の構造物を目印にした細かいポイント名がつけられている。

全体的にはやや厚めでパワーのない波が多いため、ビギナーから楽しめるブレイクと言える。もっとも地形が安定しているのはテトラポイント(第4〜第7テトラの周辺)で、インサイドで形成されるサンドバーがコンパクトな三角波を生む。

スポンサーリンク

僕は基本的に好きなのは第4テトラと第5テトラの間で、膝、腰でも遊べる、人も多いけど。

南北に延びる海岸線は微妙に湾曲していることから、うねりが南寄りならばテトラポイント側、東寄りならばラスターポイント〜松林ポイントにかけての方がサイズが大きくなりがちで、また同じ理由から、テトラ側は北西の風に強く、松側は南西の風をかわしやすい。

中央に位置する三角ポイントはコンテスト会場となることが多い。なおメインポイントは普段からあまり波の立たないポイントとなっている。

北から、メイン、テトラ前(第1〜第7)、ラスタ前、三角、壊れた水門、松林、観覧席の順番でポイントが並んでいる。

市後浜

国府の浜のさらに南にあり同じく東向きのビーチ。やや地形が深めであることからウネリサイズがあれば国府の浜よりもパワフルな波となるものの、普段はシュアブレイク気味になりがち。

スタンドバー次第でファンウェーブが見られることもあるが、サイズアップした時はインサイドのブレイクもハードなので、ビギナーは要注意。

漁協が管理している広い駐車場には、シャワー、売店などの施設も整っている。駐車場代は1日1,000円。

ジャン・南張

国府の浜から15キロ程度しか離れていないが、志摩半島の南岸に位置するために、南よりのウネリに反応。
国府の浜に向かうサーファーにとっては

うねりの向きに応じてのオプションとなり得る数少ないポイントだ。ジャンポイントはビーチ右からのレギュラーと左からのグーフィーに分かれ、南張ポイントは海に向かって左奥のレギュラーとグーフィー、そしてテトラ右側からブレイクするグーフィーがメイン。

どちらのポイントも地形がかなり深く、胸以上のうねりがあっても仕様が引いていないとブレイクしないことさえある。

特にジャンポイントはショアブレイク気味が多く、ボトムのロックにヒットする危険も高いのでビギナーは避けた方が賢明。

また南張ポイントでもサイズのある時にテトラ周辺での事故が起きているため、十分な注意が必要だ。

伊勢・初心者のためのアドバイス

○国府の浜や市後浜では、春先3月の後半から5月の前半に雪解け水が流れ込み思った以上に水温が低くなるので、場合によってはブーツが必要。

 

○国府の浜では駐車場ごとに常連サーファーが集まる傾向にあるが、駐車場施設の多い松林ポイント周辺は、特に土日ともなればポイントパニックになりやすい。
逆にテトラ前ポイント周辺はローカル色が強いが、駐車場のキャパシティーが限られていることもあって比較的空いていることが多い。

 

○国府の浜の松林ポイントよりもさらに南側は、サイズ小さめ、波数少なめなため、初心者にとっては良い練習場と言える。

 

○国府の浜がチョッピーになってきたら市後浜を要チェック。周りを山に囲まれているため風が吹き抜けにくく、また地形も深いために、風波でもまとまりやすい。逆にオフショア系が強すぎる場合でも、国府の浜よりは市後浜の方が風の影響は少ない。

 

○国府の浜がサイズアップしてクローズ気味になってきたり、北東の風が強いときには、松林ポイントよりもさらに南の観覧席ポイントを要チェック。国府の浜の中では極端にアウトが深く、右手の磯がウネリをさえぎることもあって、他よりも
クローズアウトしにくい。

 

○国府の浜にいるときに南うねりが気になったら、メインテトラ(1番左側)のアウトサイドに左から伸びている堤防をチェック。波しぶきが上がっていれば南うねりが強い証拠で、南張ポイント、ジャンポイントにもうねりが届いている可能性が高い。

 

僕もよく伊勢にサーフィンをしに行くが、磯ノ浦とは違う雰囲気を出しているため、伊勢に来ているだけで気分が良くなる。

何年か前に台風が来て国府の浜がダブルぐらいあって、アウトに出るのがしんどそうだったので思わず、観覧席ポイントのちょっと左側のセカンドピークで入った時、波は頭位でも誰も入ってなかった、入ってみるといい波で、ロングライドが可能だった。

1時間もしないうちに人数が30人ぐらいになっていた、あの時の波は今も覚えている位いい波だった。

これを見ている人も国府の浜がデカイ時やクローズ気味の時に1回入ってみてください、多分満足できると思います。みんなにいい波が当たりますように願っています。
lovesurf

 

サーフィン無料波情報・関西サーファーのためのweve-bingo/毎週末更新