【サーフィンテクニック】オフザリップとカットバックのコツ

どもこんにちはSUNです。サーフィンのテクニックの中で決まれば、最高にテンションが上がる技がいくつかある。今回はオフザリップとカットバックを紹介したいと思います。

初めてオフザリップやカットバックが成功したら、一生忘れられない思い出なるに違いない。それではオフザリップから説明していきます。

 

サーフィンテクニック・オフザリップのコツ

リップのタイミングをしっかり計算しよう

オフザリップでよくある失敗例は、リップでのボードの抜け。この抜けはリップとのタイミングのミスが原因であることが多い。

波のリップが崩れてくるタイミングでボードを運ぶのが基本だが、崩れる前だと、わずかに早いため、リップの力をボードに受けられず、ボードを引き寄せられないため、上体だけが先にボードを返す体勢になってしまう。

波とのタイミングがズレると、プロでも致命的となる。

これを防ぐには、ボトムでしっかりと狙ったポジションの波を確認しながらトップへ向かうこと。またボードがリップにヒットしたときには、前足を胸に引き付けてボードを返す。
スピードがあるテクニックだけに、慌てずに波を確認しよう。

1、ブレイク直前のリップに対して上がっていく

2、リップがボートを押す力を使って引き寄せる。前足を胸に寄せてきてボートを引き込む。これは基本形だ

3、しっかりと前足の膝を曲げてボードを返す

4、後ろ足の押し出しは波の掘れ具合で調整

慌ててボードを返そうとしない

オフザリップのボートの返しでボートが引っかかってしまうパターンもよくあるミスの1つだ。これはスピード不足が原因の場合もあるが、早く返そうと意識するあまりボートの動きと体勢がバラバラになってしまう例も多い。

これはわずかな差なのだが、ボードを返すときに上体を早く返しすぎないで、ボートにしっかりと重心を乗せておくことが大切。

レールが入ってボートが返ってくるまでは、上体も無理に返さないことがポイント。トップからボートが返ってくるまで1テンポの「間」を意識して体勢を作ってみよう。

強引にボードを返そうと上体でリードしても、レールが引っかかっているうちは、決して成功しない。慌てないことが肝心だ。

スポンサーリンク

サーフィンテクニック・カットバックのコツ

ボードに重心を乗せないレールワークは無理

カットバックで特に多いミスの一つが、ターンのアプローチ段階。ボートを逆方向へターンさせようと意識し過ぎて、重心がボードに乗りきらずに失敗してしまう例だ。

カットバックは、このターンのときに、いかに重心をボードに乗せて遠心力でターンするかがポイントだけに、ここで失敗しているうちはなかなか先に進めない。

このミスを防ぐには、トップからレールを入れていくときに、ボードの重心をしっかりと乗せておくこと。逆方向へのターンを意識し過ぎないで、遠心力とボードのレールターンで回る方向に身体を預けておくことだ。

このとき目線で方向づけをしておこう。この段階では余計な動きはせずに、じっくりとターンすることに集中してみよう。

ボードが回るまでは体勢をしっかりホールド

カットバックのターンで、後半で慌ててしまうミスだ。カットバックはターンが終わるまでは、しっかりと体勢をホールドすることが重要なポイントだが、あと少しのところでボードを引っ張ろうとしてレールが引っかかってしまう悪い例がこれだ。

カットバックのリエントリーに向けて、上体でボードをリードしていくのは、ボードが完全にボトムまで返った後。ここを慌ててしまうと、ミスに繋がる。

体勢をキープしてボトムまでしっかり回ることが大切。回り終わってから上体でリエントリーへ向けてボードをリードしていくのがセオリーだ。

1、カットバックには浅い角度でトップへ向かう

2,トップからのターンはスピードに乗って

3、ボードに重心を乗せてレールターンに入る

4、目線でリードしながらも重心はボートの上に

5、体勢をキープしながらボトムまで回る

6、上体は開き始めるが重心はボート上にキープ

7、ボトムに到着してから上体でリエントリー

8、ここまでは身体の力は抜いて遠心力でターン

check pointは、トップからのターンの導入部は、始めはたぶん遅れるので、自分が思っている手前からターンに入ろう。

lovesurf