【サーフィン初心者】ドルフィンスルーの基本姿勢の仕方。

サーフィンのテクニックの中でドルフィンスルーがある。

アウトに出る時に向かってくる波を越えるテクニック、波のサイズがあるときは必ずマスターしなければならないテクニックである。

 

簡単に3つに分ければ、1.潜る前 2.水中 3.水中から浮上へ

 

ドルフィンは潜る前の動作の良いか悪いかで、成功率が変わってくる。

潜る前の基本姿勢をしっかりとマスターしドルフィンの成功率を上げていこう。

スポンサーリンク

サーフィン、ドルフィンスルーの基本姿勢の仕方を説明、潜る前

手のつく位置は肩の下のレールに手をつく

ここで注意して欲しいのはドルフィンのテイクオフでは手をつく位置が違うので間違わないようにテイクオフは脇の下になるが、ドルフィンは肩の位置につく。

体を前に上げる、ボード全体を水面と平行に沈める

腕を伸ばしているとノーズ方向に体が頭に上がっていく。ここで注意したいのはノーズを沈めると言うイメージを考えすぎると失敗する。
足を上げる前までは、ボード全体を海面と平行にになるように沈めないと成功はしないので、覚えておこう。

利き足をテールエンドに固定する

体を上げていくと、両膝がボードの上にのるので
利き足をテールエンドにかける。
両腕とデッキにおいた片膝、テールエンドにかけた利き足の4点でバランスを取ると、ノーズが深く沈む。

サーフィン、ドルフィンスルーの仕方。水中へ潜る

4点バランスの姿勢が整えたら、次は水中へ潜る。テールエンドにかけていた足、膝が縮んでいる状態の足を伸ばす。
体を逆V字型に曲げて、一気にスープの下へ潜りこんでいく。

後ろ足を支点に下半身を上に上げていく

まずテールエンドにかけた足を伸ばし始める、最大に足が伸びた状態で、ノーズが水中へ潜り、スープの下まで潜っていく。
浮力によってボードが浮かび上がろうとする、この浮かび上がろうとするボードを、抑えるために足を上げている。

 

この足の動きで、潜っている時間を長くする。足の上げ方の大きい小さいで潜る深さも調整できる
この時注意して欲しいのは、しっかりとレールを握ることである。

水中から海面へ

テールエンドにかけた足が最大限に伸びて、1番深く潜ったとき、次は後ろ足を離す。
このたびボードを安定させておけば、勝手にボードが自分に近づいてくる
後はボードを自分の胸に引き込んでくる。体をまっすぐにした姿勢をキープする

海面へ浮上

​海面が近づいたら、胸を反って海面へ出るとバランスがしっかり取れた状態で浮かびあがることができる。
ここで注意して欲しいのは、胸をボードに密着させたまま浮上すると、浮かび上がったときにバランスを崩してしまう。

サーフィン、ドルフィンスルー、まとめ

始めから完璧にできない。最初は軽めのドルフィンを練習しよう。
ボードの上で腕立て伏せをするだけ、波がきたら手を肩の脇に置いて腕立て伏せ。

 

スープが目の前に来たら頭を下げてうつぶせの状態でスープにぶつかる
こんな軽めのドルフィンも練習になる。

 

SUNがドルフィンを練習していたときは、1ラウンド終わってから、30分間位ドルフィンだけを練習していた
インサイドの方でスープに何度も何度も練習していた。

 

このインサイドでの練習は人が少なく練習にはもってこいだった。
見た目は格好悪いが、早く上手になりたいと言う気持ちの方が大きかったので格好悪いと言うのは全然気にならなかった。

 

サーフィンは上手やったらカッコイイスポーツではあるが、下手だったらカッコ悪いというイメージがあるので、
あんまりカッコ悪いことは、やりたがらない

 

初心者の方よりサーフィンを始めて2〜3年ぐらいの方が多いと思う。
かなり上から言ってしまったが(すみません)本当にサーフィンを上手くなりたいんであれば、格好悪いと言う気持ちを捨てて、上手になりたいと言う気持ちに切り替えよう。

 

ドンドン練習してメキメキ上達しよう。そして波にバシッ!バシッ!ボードを当て込もう。
lovesurf

 

&