サーフィン初心者がマジック・ボードに出会う4つのコツ

サーフィンを始めた初心者のときは、サーフボードなんて、あんまり気にしてなかった。サーフィンが上達していけば、新しいボードがほしくなる。長さを短くしてみようか、幅を狭くしてみようかと色々悩んでしまう。

サーフボードには、自分にピッタリあうマジックボードが存在する。今回はそのマジックボードと出会うための4つのコツを紹介したいと思う。

マジックボードを手にいれるコツ、1  目標

どんなサーフィンをしたいのか決める

何かを始める際、目標を立てたほうが効率よくレベルアップできるのはサーフィンも同じ。特にサーフィンの場合、ボードのデザインによって性質が大きく異なるため、どんなサーフィンをしたいのかが重要となる。

目標を決めるには好きなサーファーを見つけるのが手っ取り早い
もしあるサーファーのキレのあるターンがかっこいいと感じたのなら、短く薄いボードを選ぶ方がいいかもしれない
逆にゆったりと大きいラインを描くサーファーに憧れるならボリュームのあるボードがいいかも。
目指すスタイルが見えてくればおのずと選ぶボードの方向性が決まり、全くトンチンカンなボードを選んでしまう事はなくなるはずだ。
好きなサーファーのスタイルを目指してみる
アクロバティックなサーフィン
スケートボードのようにラディカルなライディングから繰り出す高いエアリアルのスタイルを目指すなら、長さは短くレールの薄い、しかも軽量化されたボードを選んだ方がいいかもしれない
パワフル全開なサーフィン
一般的にパワフルなサーフィンにはボキシーと呼ばれる厚めのレールデザインが向いていると思う
のんびり優雅なサーフィン
ボードの先端で優雅にクルーズするサーフィンこんなスタイルに憧れるならロングボード選びたい
が、いろんなボードに乗って自由自在なスタイルを目指すのも当然ある
続く、、

マジックボードを手に入れるコツ、2  知識

サーフボードのことをよく知る

マジックボードを手に入れる上で、サーフボードの特性を知ることは何より大切。
ただデザインがカッコイイからという理由だけでボードを選んでいてわマジックボードへの道のりは長く遠い。
どんなサーフボードにもどのような意図で削られているのかというコンセプトがある。
ボードの特性を知れば、なぜそのようにデザインされているのかが見えてくる
例えば幅を広くロッカーを抑え目にしてあるのは波からの力をたくさん拾うためだと理解できれば、それが
力のない小波用のボードなのかもしれないと想像ができる。そうやって知識を得ることで自分が求める、マジックボードにめぐり合う可能性を高めていくのだ。

サイズが1インチ違うだけで乗り味が変わる

サーフボードは一人のシェイパーに同じボードを削ってもらったとしても感触が違うといわれるほどデリケート
なものだ。だから1インチサイズが異なるだけで乗り味は大きく変わる。
そのためボードを購入する際は最低限、長さ、幅、厚さのスペックには数分の1インチまでこだわってオーダーしよう。

スポンサーリンク

波質や波のサイズによって調子のいいボードは違う

波は常に変化する。サイズはもちろん、だらだらと崩れたり、ホレてチューブを巻くこともある
場所によっても波質は変わり、すぐ隣りのポイントでさえ、波質違うことはよくあるこだ。そんなあらゆる
波をサーフボード1本でフォローすることは不可能。
だからある波によっては調子がいいボードも波が変わればイマイチってことがある。
そのためボードを買う際はよく行く場所と波のサイズを伝えることが大切だ。

自分のレベルによっていいサーフボードは変わる

プロのボードは高性能だが初心者にとっていいボードとは言えない
それは車で例えるならペーパードライバーがFー1カーに乗るようなものだ
初心者にとってマジックボードとは安定感がありテイクオフが速いボードといえる
長さと幅があって、浮力も十分なファンボードはビギナーにとってマジックボードかもしれない。

マジックボードを手に入れるコツ、3  情報

サーフショップに行く

サーフボードの購入の仕方は様々な方法が考えられるが、やはりボードはサーフショップで購入したい。サーフショップのスタッフは波乗りのエキスパート。
当然ボードの知識の情報も半端じゃない。マジックボードを手に入れるために雑誌などで研究することはもちろん大切なことだ
ただしそれだけでボート知った気になるのは危険。というのもボードはそんな単純なものではないからだ。それに自分の判断だけで買うよりも、雑誌などで得た知識をフル活用して経験豊富なスタッフと相談しながら選んだ方が、マジックボードが手に入る可能性は明らかに高い。そのためにもいいショップを見抜く力を身につけたい。

サーフボードを手に取ってわかることがある

サーフボードは持たないとわからないことがある。例えば厚さはボードの1番厚いところで測るため、同じスペックでもレール形状等によって全体的な厚さが違うのだ。
またショップに行けば同じタイプのボードをいくつか手にして比較することができるので、イメージしやすいと言う利点もある。

情報通なスタッフから耳より情報が入ることがあことがある

サーフショップは情報の宝庫。もちろんスタッフはサーフィンに精通している人がほとんど。だからボードを買う際、的確なアドバイスがもらえるだけでなく、新素材を使ったボードの調子や欲しいと思っている同じタイプのボードに乗った感想など、生きた情報が聞けたりすることが。

スタッフとコミュニケーションをとるといいボードが手に入りやすい
ボードをオーダーする際、本当ならシェイパーに
直接会って自分のイメージを伝えるのが1番。しかし現実的にそれは難しい
だからその架け橋となるショップスタッフとコミニュケーションをとることが大切になってくる。
またシェイパーがどんなコンセプトでボードを削っているのかを知っておくことも理想のボードへ近づく秘訣。
僕もよくサーフショップに行ってスタッフの方と板の事についていろいろ語った
これを読んでる人もマジックボード手に入れよう。

マジックボードを手に入れるコツ、4  経験

2本目以降は今までのボードを役に立てる

初めてのボードより2本目以降の方がマジックボードに近づく可能性は非常に高い。乱暴な言い方かもしれないが、サーフボードは乗ってみるまで調子の良さわからない。もちろんサーフボードを勉強すれば乗らなくてもそれがどんなボードなのかがある程度は想像できるようになるが、ハンドメイドが基本のサーフボードはボードの数だけ受ける印象が異なると言われるほど微妙なものだ。
だからこそ1本、2本と乗った本数が多ければ多いほど、そのボードをもとにして、より具体的にボードを選んだりオーダーすることができる。自分がイメージするマジックボードへグッと近づくことができると言うわけだ。

 

今使っているボードに足りないところを伝えてオーダーする

 

2本目以降は今使っているボードの足りないところを伝えて購入するのも1つの手。具体的には実際に使っているボードを持っていき
(横には行けるようになったのでもう少し回転性が欲しい)
と言うように具体的な希望を伝えてみる。ボードを見せることでより意思が伝わりやすくなるはずだ

調子の良かったボードのスペックはひかえておく

サーフボードは数分の1インチ違うだけで乗り心地が変わるほど敏感。あるプロサーファーが同じスペックのボードを何本も持っているが、その数字にたどり着くまで数え切れないほどのボードを試してきたそう。調子の良いボードは最低でも長さ、幅、暑さをメモしておき、次のボードに役立てよう。

思い切って全く違うタイプのボードに乗ってみる

ある程度サーフィンができるようになったら、今までと違うタイプのボード選んでみるのも面白い。例えば普段トライフィンならシングルフィンを試してみる。すると一風変った乗り味が新鮮に感じるかもしれない。そうやって波乗りの楽しさを広げる事は今までのマジックボードの概念を覆すことになるかも。

 

僕は今まで1回だけマジックボードに出会ったことがある、めちゃくちゃ気に入ってたボードが折れてしまった
同じサイズの同じブランドの板を作ったが前の板とは全然乗り心地が違った。
またあのマジックボードに出会えるまでサーフィンを楽しもう、これを読んでる人も楽しくサーフィンをしてマジックボードに出会おう。
lovesurf