サーフィン 四国、伊勢ポイント情報&アドバイス

関西サーファーが、磯ノ浦の次に行こうと思うポイントは四国か伊勢あたりだろう。初めて行くとかろは、分からないこともあると思う。少しでもみんなの役に立てればと、ポイント情報を今回は書きます。

四国サーフポイント情報

内妻ポイント

ビーチが南向きのため、南ウネリにいち早く反応する。小さな湾奥にあるため北西〜北〜北東〜東よりの風までを幅広く交わし、南ウネリさえ合えば、宍喰ポイントから尾崎ポイントまでがチョッピーコンディションだったとしても内妻ポイントだけはサーフ可能なことがある。

 

しかし右側に岩場、左側にテトラがあってポイントが狭く奇形も深めなのである程度のウネリがないとブレイクしない。

 

干潮時が比較的良い。
コンスタントにサーフィンできるポイントではないか、実は徳島ではサーフィン発祥の地とも言われている、本当かなぁ、分からないけど、らしいですよ。

 

内妻初心者、アドバイス

 

一般に内妻はダブルサイズがマックスなので、これ以上サイズアップした場合、上級者なら日和佐方面のリーフが気になるところ。

 

ただしかなりローカル色のきついエリアなので、ルール&マナーを守るのは当然としても、ビジターの乗る波はほとんどないと言う覚悟が必要。
僕は行った事はない。
そんなんやったら偉そうなこと言うなって思われるけど、1回謝っときます、ごめんなさい。

海部ポイント

大雨によって河口から流れ出た土砂がサンドバー
を形成し、そこに東寄りのウネリがヒットすることで、世界的にも有名な”kaifu”のエクセレントなチューブが姿を現す。

 

しかしそうした条件が整う機会は少なく、エクセレントな日にはその時を望むプロ&エキスパートローカルたちがスーパーセッションを繰り広げることとなる。

 

ビジターがライドできるチャンスはほとんどないに等しいが、そんなときにはギャラリーとして見ているだけでも十分にエキサイティングなはず。

 

僕は四国に来ると必ず海部を見に行く、入ってる人数、レベルをしっかり見てから入るようにはしてる、それか日が昇る前に入るか、どっちかである。

 

そこまでしてでも入りたくなる波、それが海部である。

宍喰ポイント

入り江状になった地形によって、生見ポイントや尾崎ポイントよりも1〜2サイズ小さめなことが多く、生見ポイント、尾崎ポイントがサイズアップしてハード気味になる位の時こそ、宍喰ポイントがファンウェーブなることが多い。

 

ビーチ右手の河口付近は、テトラなどの障害物も気にならないので、初心者におすすめ。

 

東寄りの風はオンショアながら、生見ポイント、尾崎ポイントに比べればこの東風に強いと言う特徴を持つが、ハイタイドになるとバックウォッシュが入りやすい。

 

宍喰ポイントでは宍喰大橋北側の駐車場(トイレ、シャワー完備)を利用しよう。南側の海沿いの駐車場も何台か止めれる。
道の駅(宍喰温泉)の駐車場には止めないようにしよう。

生見ポイント

明石海峡大橋や甲浦のフェリー乗り場から近いことで近畿の都市園からのアクセスも良く、またコンスタントに波があってビギナーから楽しめるビーチブレイクと言うことで、四国の中で最もメジャーなポイントだ。

 

東〜南東よりのウネリを拾って長期間波が続くこともあるため、コンテストなども数多く行われるが、ウネリに敏感な分だけサイズアップしてクローズしてしまうことも多い。

 

また、西高東低の気圧配置で北西よりの季節風が強く吹く冬場には、一般にスモールな日が続いてしまう。

 

生見、初心者 アドバイス
ポイント南側に大きな駐車場がある、1日500円である。
ただロボットゲートになってるため、1回表に出てしまうと、再度入場するときまた500円いるので注意しましょう。100円シャワーもあり。

尾崎ポイント

ほとんど生見ポイントとお同条件でウネリが入るが、南うねりに対する反応は多少生見ポイントよりも敏感。

 

リーフとサンドのミックスボトムで、干潮時が中心のサーフィンとなる。
ビーチの左側にサンドバーが形成されたときや、右側のリーフに砂がついたときには、生見ポイントよりもワンサイズ大きくなる。

 

メジャーポイントの1つとして多くのサーファーがポイントチェックに訪れるが、生見ポイントと同様に東風に弱く、風が吹き抜けやすいことによってその傾向は生見よりも顕著。
インサイドには岩が多く浅いので注意が必要。

 

尾崎ポイントは駐車場が狭いので、止めれる台数が限られている、決して路駐などはしないようにしましょう。

四国 初心者アドバイス

 

生見ポイント、尾崎ポイントがサイズアップしてハードになったりオンショアでジャンクになったら、宍喰ポイント要チェック。
ロータイド中心ながら、小さな入り江状になった地形のおかげでサーフィン可能なことが多い。

 

ただし中央から左手にかけてはインサイドにテトラがありカレントもきつくて危険なので、初心者には右手河口付近がオススメ。

 

ちなみに左奥の豚太郎前ポイントならほとんどの風をかわせるのだが、ボトムはリーフで上級者向け。波が小さかったら初心者でも全然入れる、いちど入った事があるが、見た目以上に入ったら結構いい波だった。
生見ポイント左奥のリーフにウネリがヒットしてスープが飛び散っていたら、南ウネリか入っている可能性が高い。
そんなときには内妻ポイントが要チェック。
また内妻ポイントは北寄りでオフとなるが、宍喰ポイントから尾崎ポイントがジャンクになってしまう東風でも、さいど気味ながらかなり交わすことができる。
今回四国のサーフポイントの事について、書いたけど少しでもみんなのためになれば、いいなぁと思って書きました。
みんなにいい波が当たりますように。

 

伊勢サーフポイント情報

国府の浜ポイント

伊勢エリアのメインブレイクと言えるポイント、テトラや水門等の構造物を目印にした細かいポイント名がつけられている。

スポンサーリンク

全体的にはやや厚めでパワーのない波が多いため、ビギナーから楽しめるブレイクと言える。もっとも地形が安定しているのはテトラポイント(第4〜第7テトラの周辺)で、インサイドで形成されるサンドバーがコンパクトな三角波を生む。

僕は基本的に好きなのは第4テトラと第5テトラの間で、膝、腰でも遊べる、人も多いど。
南北に延びる海岸線は微妙に湾曲していることから、うねりが南寄りならばテトラポイント側、東寄りならばラスターポイント〜松林ポイントにかけての方がサイズが大きくなりがちで、また同じ理由から、テトラ側は北西の風に強く、松側は南西の風をかわしやすい。

中央に位置する三角ポイントはコンテスト会場となることが多い。

なおメインポイントは普段からあまり波の立たないポイントとなっている。

北から、メイン、テトラ前(第1〜第7)、ラスタ前、三角、壊れた水門、松林、観覧席の順番でポイントが並んでいる。

市後浜ポイント

国府の浜のさらに南にあり同じく東向きのビーチ。やや地形が深めであることからウネリサイズがあれば国府の浜よりもパワフルな波となるものの、普段はシュアブレイク気味になりがち。

 

スタンドバー次第でファンウェーブが見られることもあるが、サイズアップした時はインサイドのブレイクもハードなので、ビギナーは要注意。

 

漁協が管理している広い駐車場には、シャワー、売店などの施設も整っている。駐車場代は1日1,000円。

ジャン、南張ポイント

国府の浜から15キロ程度しか離れていないが、志摩半島の南岸に位置するために、南よりのウネリに反応。
国府の浜に向かうサーファーにとっては

うねりの向きに応じてのオプションとなり得る数少ないポイントだ。ジャンポイントはビーチ右からのレギュラーと左からのグーフィーに分かれ、南張ポイントは海に向かって左奥のレギュラーとグーフィー、そしてテトラ右側からブレイクするグーフィーがメイン。

どちらのポイントも地形がかなり深く、胸以上のうねりがあっても仕様が引いていないとブレイクしないことさえある。

 

特にジャンポイントはショアブレイク気味が多く、ボトムのロックにヒットする危険も高いのでビギナーは避けた方が賢明。

 

また南張ポイントでもサイズのある時にテトラ周辺での事故が起きているため、十分な注意が必要だ。

伊勢 初心者アドバイス

 

○国府の浜や市後浜では、春先3月の後半から5月の前半に雪解け水が流れ込み思った以上に水温が低くなるので、場合によってはブーツが必要。

 

○国府の浜では駐車場ごとに常連サーファーが集まる傾向にあるが、駐車場施設の多い松林ポイント周辺は、特に土日ともなればポイントパニックになりやすい。

 

逆にテトラ前ポイント周辺はローカル色が強いが、駐車場のキャパシティーが限られていることもあって比較的空いていることが多い。

 

○国府の浜の松林ポイントよりもさらに南側は、サイズ小さめ、波数少なめなため、初心者にとっては良い練習場と言える。

 

○国府の浜がチョッピーになってきたら市後浜を要チェック。周りを山に囲まれているため風が吹き抜けにくく、また地形も深いために、風波でもまとまりやすい。逆にオフショア系が強すぎる場合でも、国府の浜よりは市後浜の方が風の影響は少ない。

 

○国府の浜がサイズアップしてクローズ気味になってきたり、北東の風が強いときには、松林ポイントよりもさらに南の観覧席ポイントを要チェック。国府の浜の中では極端にアウトが深く、右手の磯がウネリをさえぎることもあって、他よりも
クローズアウトしにくい。

 

○国府の浜にいるときに南うねりが気になったら、メインテトラ(1番左側)のアウトサイドに左から伸びている堤防をチェック。波しぶきが上がっていれば南うねりが強い証拠で、南張ポイント、ジャンポイントにもうねりが届いている可能性が高い。

 

僕もよく伊勢にサーフィンをしに行くが、磯ノ浦とは違う雰囲気を出しているため、伊勢に来ているだけで気分が良くなる。

 

何年か前に台風が来て国府の浜がダブルぐらいあって、アウトに出るのがしんどそうだったので思わず、観覧席ポイントのちょっと左側のセカンドピークで入った時、波は頭位でも誰も入ってなかった、入ってみるといい波で、ロングライドが可能だった。

 

1時間もしないうちに人数が30人ぐらいになっていた、あの時の波は今も覚えている位いい波だった。

 

これを見ている人も国府の浜がデカイ時やクローズ気味の時に1回入ってみてください、多分満足できると思います。みんなにいい波が当たりますように願っています。

 

サーフィン無料波情報・関西サーファーのためのweve-bingo/毎週末更新

lovesurf