サーフアイランド!新島・大島・父島・神津島のポイント情報

日本本土から離れると、そこはサーフアイランドが広がる!関東地方にはサーファーの気持ちをワクワクとさせてくれる島、、、
新島・大島・父島・神津島が存在する。今回はそのサーフポイントの情報を紹介します。

新島のポイント情報

日本のサーフアイランドの中で最も古い歴史を新島。理想的なサンドバーが整いやすいビーチブレイクはワールドクラスのクオリティを持つ。

淡井浦
なかなかヒットしないが、条件が揃うと羽伏浦よりも分厚いリップが最高のバレルを形成。
ファーストブレイクの巻き上げが強力なので、テイクオフをミスるとハードなパーリングが待っている。
スウェルー東
オフショアー南西〜西
羽伏磯
羽伏浦の北端にあるポイントでグーフィーのポイントブレイク羽伏浦よりも風の影響を受けず、特に北東が吹いているときは羽伏浦よりも良い波になる、
スウェルー北東〜南東
オフショアー西
羽伏浦
ビーチブレイクとしてはワールドクラスといっても過言ではない羽伏浦。
太平洋をクルーズしてきたスウェルがダイレクトにヒットするため、パワーは一級品。淡井浦に比べてテイクオフはイージーで、地形が決まれば、レギュラー、グーフィーともパワフルなシリンダーバレルを形成する。
スウェルー北東〜南東
オフショアー西
シークレット
羽伏浦がチューブならシークレットはマニューバー。ショルダーの張ったロングラン可能な波質でアクションには最適。羽伏浦をビジターに譲っているローカルはここでサーフすることから、くれぐれもルールとマナーを守って欲しい。
スウェルー北東〜南東
オフショアー西
ヘリ下
羽伏浦とシークレットの間にあるのがヘリ下。
羽伏浦によく似た波質だが、切り立った崖に面しているため風をかわしやすい。羽伏浦よりも空いていることが多いのが嬉しいところ。
スウェルー北東〜南東
オフショアー西
まま下
島の東側に比べるとうねりには反応しにくく、また地形も深めながら、地形が決まったとき、台風のウネリをキャッチすると4ftぐらいの
ファンウェイブが割れる。中にはチューブを巻くこともある。
スウェルー南西〜西
オフショアー北東〜東
黒根
桟橋がウネリを遮るため台風のグランドスウェルもなかなかキャッチできない、ただ、小さな湾の中のため、オンショアには強く、かろうじてサーフィンできることが多い
スウェルー西
オフショアー北東〜東
B堤
スウェルの入りにくい西側では一番敏感。普段は羽伏浦にいるサーファーも羽伏浦がサイドオンショアになると、このポイントに移動する。
速いダンパー気味の典型的なビーチブレイク。
スウェルー西
オフショアー東
奥の磯
島の北端、若郷地区にあるポイント。沖にテトラが入っているため、厚めのブレイク。
ダブル以上になるとテトラの沖で割れてしまう。
ただ、オンショアで波が立つため、風が止んだときが狙い目。
スウェルー西
オンショアー東
日本最強のスーパーアイランド新島。

大島ポイント情報

引用:http://oshima-gdm.jp

 

伊豆大島にモンスター級の波でサーフィンしよう
ポイント情報とスウェル、オフショア情報

 

小口岬

 

岡田港の桟橋から20分ほどパドルした所のブレイク。レギュラーオンリーでボトムは玉石。

 

3ftを超えると300メートルは乗りつげると言う
しかも、2.3カ所のチューブセクションがある。
1ft〜6ftまでサーフ可能。
スウェルー北東
オフショアー南西

 

筆島

 

駐車場の正面にあるのがクレイジー。
やばいホレ方をすることからこの名が付いた。レギュラーがよく、ボトムが硬く極上のチューブ。

 

ここから15分ほど歩いたところがウニクイ。クレイジー同様ホローな波。
岬を回り込んで入ってくるウネリでグーフィーが割れる。筆島は風の影響受けにくいポイント。
スウェルー北東〜南
オフショアー北西

 

波浮口

 

波浮港の入り口にピークがあるレギュラーのホローなリーフブレイク。
6ftまでサーフ可能のハードな波は港湾整備事業にともなって、今は分からないが、もうポイント消滅しているかもしれない。
スウェルー南東〜南
オフショアー北西

 

砂の浜

 

コンスタントに波があるビーチで十分なパワーのある波。距離は無いものの夏の南うねりでチューブも巻く。休日はローカルが集まり賑やかになっている。
スウェルー南〜西
オフショアー北

 

ジュンカメ

 

山道を歩かないとたどりつかないし、砂の浜のように施設は充実していないため、人が少ないポイント。波はサンドバー次第という典型的なビーチ。
スウェルー南〜西
オフショアー北

 

地引浜

 

ぱめらめーる”という博物館の下のビーチが地引浜。以前はリーフのようなポイントブレイクを楽しめたが、海底ブロックが投入されたためダンパーになってしまった。
スウェルー南西〜西
オフショアー北東

 

ケタリーフ

 

ハードは波が多い大島の中でも最もビックかつホローなブレイク。
6ftオーバーでもサーフ可能で、グーフィーは長いファンウェイブ、レギュラーはサイズ上がるほど掘れるチューブ。

 

ボトムは浅く、しかもシャローで上級者でも気が抜けないポイント。
スウェルー南西〜西
オフショアー北東
元町前
いくつかのリーフが点在する元町前。
その中で1番南にあるのがサンカク。イージーな三角波で、ロングボードに最適。
中央はカズユキチャン。4ftまでサーフ可能のレギュラー。テイクオフはイージーで、インサイドはチューブセクション。
港口なので船の出入りに注意。
北はナルチャン。元町前の中では一番ビック。
8ftにもなるとグーフィーがロングウォールを形成し、エキスパートのステージになる。
スウェルー南西〜西
オフショアー北東
長根浜
低気圧や台風からのグランドスウェルで他がクローズの時に目を覚める。4ft〜6ftがベストで、レフト、ライトともに150メートルは走れるロングブレイク。
スウェルー南西〜西
オフショアー北東
泉浜
テイクオフから強烈に掘れてくるグーフィーのリーフブレイク。
ローカルでも油断するとはまってしまうので、情報収集をしてから海に入るように。
スウェルー南西〜西
オフショアー北東
知り合いが大島で漁師をしていて、ここでのサーフィンは波が小さいか大きいか2つに1つらしい
デカイ時は本当にモンスター級の波が来るらしいビックウェーブが好きな方は大島はいいかもしれない。

父島サーフポイント情報

引用:https://www.go-ride-news.com

スポンサーリンク

東京からの長い船旅も、島誕生以来変わらない手付かずの自然に出会うためなら。コーラルリーフにヒットするうねりが作り出すチューブを当てに行こう。

メノウ

 

ここは3ft.になると2つのチューブを持つライトオンリーの波。その2つを抜けるとアクションに最適なショルダーが張る。

 

沖にはイルカやクジラが出没することもある。ポイントまで1時間ほどジャングルを歩くのでガイドなしではアクセス不可能。
スウェルー東〜南
オフショアー南西〜北西

 

ブタジョン

 

リーフが波に透けていて美しい色を見せる。遊歩道30分、さらにビーチからポイントまで20分歩かなければならない。
5ftからハードになり、ショルダーが張った波の最終セクションはバレルになる。
スウェルー北〜南
オフショアー北東〜南

 

サンセットビーチ

 

もっとポピュラーなビーチで厚めの波。台風スウェルが届くとアウターリーフが割れ、4〜8ft になるとアラモアナのようなレフトバレルが巻く。
西風以外なら影響なし。インサイドに強烈なカレントが発生するので注意が必要。
スウェルー北〜南
オフショアー北〜南東

 

30’s (サーティーズ)

 

混雑を避けて30代や初心者が集まることから命名された。ウネリに極めて敏感。
途中にコンクリートのかたまりがあり、3ft以上だとむき出しで危険。
スウェルー北〜南西
オフショアー北〜南東
ウルマツ
玉石に沿って80メーター近くあるグーフィーが割れ、イージーなテイクオフから二つのチューブセクションを味わうことができる。
8 ftまでサーフ可能。3〜5ftくらいがベストサイズ、父島で最もスピーディーでカットバックいらずの波。ただ、テイクオフをミスるとインサイドまで持っていかれてひどい巻かれ方をする。
また、インサイドは浅く、カレントが強いので注意しよう。
スウェルー北〜南
オフショアー南東〜南
バクダン
“リトル松部”の異名をとり、2段掘れする波が。ピークの水深は満潮時でも胸位。サイズが上がると強いカレントが発生し上級者オンリー。
テイクオフからすぐバレル、そこを抜けると穏やかなショルダーが伸び、再びバレルという構成。3ftになると100メートルは乗れ、5ftがベスト。
島内一のヘビーポイント。
スウェルー北〜南
オフショアー北〜南
大村海岸
タウンサイドのトロピカルな大村海岸には3つのポイントがある。左のビジターはメインよりワンサイズ大きいイージーなショートチューブ、中央のメインは厚めの初心者向けのマッシーなブレイク、右のウェザーは潮回りでちまたはウォールになる極上の波。
ただ、ボトムはサンゴで見た目より危険。
スウェルー北西〜南
オフショアー北西〜北東
ドラゴンアウトサイド
船で20分ぐらいのところにあるクラシカルなアウターリーフ。台風シーズンを迎えて真価を発揮。
ここのグーフィーは4ftからはじめ10ftがマキシマム。
ファーストドロップは水量が多く巻き込んでくるため、6’8〜7’0の板をセオリー通り乗りこなせないとハワイ級のワイプを味わう。
スウェルー南〜北西
オフショアー北東〜南東
ドラゴン
宮の浜の奥にあり、向かいの、中通島との間に吹くドラゴンウインドウと言う強風が名前の由来。
干潮時に露出するコーラルリーフが、満潮時になるとグーフィーのロングウォールを生み出す。
テイクオフはイージー、インに行くほどホレる。
2〜4ftがベスト。それ以上はマッシーに。
スウェルー南西〜西
オフショアー南東〜西

神津島サーフポイント情報

引用:https://travel.rakuten.co.jp

新島の影に隠れているためか、今一つ脚光を浴びずにいる神津島。

そのおかげで、今でもウェイブハンティングを楽しめる。ゴロタ石という大きい玉石が海底に規則正しく並び、それに沿って割れる波は極上のファンウェイブだ。

 

返浜

 

オンショアのコンディションに反応する。ビーチブレイク。小さな湾の中にあるポイントで、他の場所がサーフ不可能の時でも、何とかできるだけの波が立つ。
チョッピーでショートライドで掘れない波だ。
スウェルー北
オフショアー南西〜西

 

多幸湾(はしり

 

神津島のローカルがヒットするのを待ち焦がれているポイントが多幸湾。
その湾内には全域に渡って広がるビーチブレイクのメインと、湾の左端にあるリーフブレイクのはしりとの2つのポイントが存在する。
メインは神津島でNO.1を誇るパワーのビックウェーブポイント。6ft位がベストで、ライト、レフトともにきれいシェイプされたロングウォールが出現する。

 

ショアブレイクは巨大で、ゲッディングには要注意。カレンとはそれほど気にはならない。一方、はしりポイントはファーストブレイクからボッコリ掘れる。
チューブになるレギュラーのほうがベターだが、インサイドには岩があって干潮時には露出するので乗りすぎは禁物。
スウェルー東〜南東
オフショアー南西〜西

 

前浜つまり

 

神津港の南に広がる前浜。その最南端にあるのが前浜つまり。
水深が浅く、ここが割れていなくても波が立つ。最近は地形に変化があり、グーフィーをメインにローカルが好んでサーフ。サイズも適度にあり波質もグッドただ、岸側のゴロタ石には注意。
スウェルー西
オフショアー北東〜南東
前浜もうり
前浜の中央にあり、ここも水深は浅め。そのおかげで長沢が小さくても割れることが多い。
緩やかなブレイクで、しかもショルダーはしっかりしているためビギナーにはもってこいだ。

カレントががあるのでゲッティング前に、よく観察して入るようにしよう。
スウェルー西
オフショアー北東〜南東

前浜長沢
1年を通して最もコンスタントにサーフできるのがここ。その分人も集まる。前浜の北端にある500メートルにも及ぶゴロタ石に沿ってレギュラーがブレイク。
サイズに関わらずホローな波質をキープ。そのおかげで胸〜トリプルまでサーフ可能で、サイズのあるときは50〜60メートルのロングライドを楽しめる。点在してるゴロタ石に注意しよう。
スウェルー西
オフショアー北東〜南東
長浜
海岸線に数カ所の波が割れている長浜だが、サーフィンできるのは海に向かって左よりの岩場に限られる。
レギュラーもあるがグーフィーの方が良く、掘れるセクションからのテイクオフで、そこをクリアすると、形の良いショルダーを走ることができる
ここも、インサイドにはゴロタが転がっているのでプルアウトしないと危険。
スウェルー西
オフショアー南西〜西

まとめ

日本と言っても本土から何時間もかかるアイランド!もうそこは日本であっても海外にサーフトリップに来ているように思えてくる。サーファーなら一度は行った方がいいだろう、一生忘れることのできないトリップになるに違いない。

オススメはやはり新島だ。大きい波が好きな人は、情報収集をして大島に行くことをオススメします。

lovesurf