沖縄&種子島サーフポイント情報!スウェル、オフショアを紹介。

沖縄サーフポイント情報、スウェル、オフショアを紹介

コーチャンポイント

沖縄の最北端にある辺戸岬から100メーターほど沖合。極めてシャローなアウターリーフのレギュラー。

 

リーフは切れ味万点のため、テイクオフでのミスは禁物。それゆえ、速いショートチューブを無事に抜けた時は、スリルを味わうことができる。
大潮の時はチェックが欠かせないポイント。
スウェルー北
オフショアー南西

安波ポイント

安波漁港の防波堤に沿って割れるレギュラー。
ピークはリーフだが、インサイドは玉石。潮回りを気にしないでサーフできる沖縄では数少ないポイント。

 

風の影響を受けにくく、コンスタントに波がある。
スウェルー北東〜東
オフショアー西〜南西

伊計ポイント

 

アウターリーフに囲まれている伊計島。
リーフの切れ目がうねりをキャッチし、大潮の日などは他よりも大きいチューブの波を満喫できる

 

ただ風の影響を受けやすいのが難点だ。
スウェルー東
オフショアー南西

スーサイドポイント

島の最南端のポイント。うねりが入りやすくコンスタント。ホレる波の多い沖縄の中では穏やかな波質で、ライト、レフト問わず長いファンウェイブ。
スウェルー東〜西
オフショアー北

安謝ポイント

那覇からのアクセスが簡単な安謝。ボウルに似たグーフィーで、しかも一回り大きいブレイク。

 

引き一杯でチューブ、満ち一杯でファンウェイブと二つの顔を持つ。防波堤の影響でクオリティーは下がり、かつてより人が少ない。
スウェルー北
オフショアー南東

ボウルポイント

質の高い波が今コンスタントにブレイクしているため、沖縄のメインとしてローカルに愛されている。

 

中に3つのポイントがあり、グーフィーのチューブなら左のボウル、サイズのある波なら中央のハワイアン、レギュラーを走りたければ右のカリフォルニアと選択できる。
ボトムが浅いので注意。
スウェルー南西〜北
オフショアー北東〜東

タートルポイント

ボウルがクローズするとタートルの出番。ダブルまでサーフ可能なレギュラーのリーフブレイクで、形のいいショルダーはアクションを決めるのに最適。
スウェルー北
オフショアー北東〜東

残波ポイント

浅いボトム、テイクオフからいきなりホレるからラインナップしたことのある人なら(あそこはヤバイ)と言うに違いない。
オーバーヘッドまではかろうじて楽しむことができるがそれ以上はヘビーすぎて多くは他へ移動。

 

草の茂った道を抜けなければならず、ローカルの案内がないとアクセスは困難。
スウェルー北
オフショアー南東

真栄田ポイント

レギュラーのコンパクトなバレルを巻く。ボウルが小さな時にチェックすると波にありつける。

 

ホレる波、浅く鋭いリーフと残波と瓜二つ。メイクできればシリンダーバレルがインサイドまで続くが、ミスを犯すと身の安全は保証できない。
スウェルー北
オフショアー南東

種子島サーフポイント情報!スウェル、オフショアを紹介。

 

沈没ポイント

座礁した船がシンボルでになっているポイント。
他に比べて敏感にブレイクするため、他のポイントより大きな波に出会え、またサイズがある時はコンパクトなバレルを巻く。

 

インサイドは浅く、玉石にはカキがついているので注意。近頃は地元の中高生が増え、多い時は20〜30人はラインナップしている。
スウェルー北西〜南東
オフショアー北西〜西

風元ポイント

ポイントの正面に風元神社があるためこう呼ばれている。太平洋側がクローズの時にサーフできるポイント。

 

リバーマウスで玉石交じりのビーチ。右側に岩場が張り出していて、その横から長いレギュラーがブレイク。
頭半〜ダブルくらいがベストでイージーなテイクオフの後から徐々にショルダーが張っていき地形次第ではチューブになる。
スウェルー北東〜南東
オフショアー北西〜西

鉄浜ポイント

ボトムが砂鉄混じりなので地形が変わりずらく、地形が決まればなかなか崩れない
夏はグーフィー、冬はレギュラーというのが例年のパターン。

 

ベストは頭ぐらいだが、パワーのある波質で小さくても十分に走れる。
これが種子島で最もポピュラーであるこの所以。
サイズがあるときは強烈なカレントが入るので、初心者は気をつけよう。
多くのローカルがラインナップしているので注意
スウェルー北東〜南東
オフショアー北西〜西

ハングリーポイント

島の中で最大かつ最長のブレイクを誇るハングリー。
アウターリーフまで10分近くパドルしなければならず、腹が減るまでサーフしてしまうためこの名がついたという。

 

主にグーフィーの波だが、頭以上はレギュラーもライド可能。4〜5ftがベストでマキシマムは7ftオーバー。

 

ここまでサイズアップするとインサイドもしっかりとしたショルダーが張り出し、200メートルにもおよぶロングウォールが姿を現す
スウェルー北東〜南東
オフショアー北西〜西

ロックポイント

安城漁港の沖に岩棚があり、台風からのグランドスウェルで目を覚ます。
マシンウェイブでセットをくらうことなくラインナップ。

 

ハングリーほと距離はないものの、テイクオフからいきなり掘れて極上のバレルを形成、パンパンに張ったショルダーがインサイドまで続く。

 

頭半〜ダブルで真価を発揮する。
7ft級もサーフ可能。
どのサイズでも掘れかたは、変わらない。
スウェルー東〜南東
オフショアー南西

犬城ポイント

崖に面していて風の影響を受けないポイント。コンディションが整えばやや開き気味に巻くバレルに。
頭半まではレギュラー、ダブル以上になるとグーフィーも割れ、ベストの日は100メートルものロングウォールが出現。
スウェルー東
オフショアー南〜北西

中山ポイント

中山海岸は一面が美しい砂山という最高のロケーション。
左から竹や野、センター、港と3カ所に分けられ、理想的なサンドバーができやすく、いずれもきれいな三角波を生む。
スウェルー東〜南東
オフショアー西〜北西

灯台下ポイント

 

太平洋のウネリをキャッチする最南端のポイント。ロケット発射台のふもとで、このあたりからは砂は白さを増し、南国ムードを思わせる。
地形が決まった所へ東から南東ウネリが入ると、
灯台下はヒットする。
スウェルー東〜南東
オフショアー北西〜北

ホテル前ポイント

いわさきホテルの前に広がる小さな美しい海岸。

波はコンスタントでその分混雑も半端でなく、連休などは50~100人ものサーファーでごった返す。
ルールを守れないサーファーは絶対に入らないように。やはり地形次第のビーチだが、最も決まりやすいのはビーチ左奥の岸壁脇でブレイクするレギュラー。
スウェルー南東~南
オフショアー北~北東

竹崎ポイント

典型的なビーチブレイクで、竹崎海岸の中に奥竹やスタックなど数カ所にポイントが点在。

 

ショルダーの張った三角波がブレイク。ジャングルを抜けて行かないとアクセスできないエリアなので、4WD車を用意したほうがいいだろう。
スウェルー南東
オフショアー北西〜北

屋久津ポイント

 

東シナ海を低気圧が抜けた時、南のローカルが最初にチェックする長浜海岸の南端のビーチ。

 

台風シーズンと冬の季節風が吹く時だけに限りダブルぐらいのファンウェーブを満喫できる。
スウェルー南西〜西
オフショアー東〜南東

長浜ポイント

 

長浜海岸の北端のリバーマウス。一般的な河口ブレイクではないが、上質のロングウォールを形成し、チューブセクションもある。

 

グーフィーの方がロングライド可能。台風接近中にヒットすることが多い。
スウェルー西
オフショアー東〜南東

住吉ポイント

住吉港正面の洗濯岩が台風のスウェルを受けると、根元からぼっこりホレる超一級のバレルを形成する。

 

トリプルまでサーフ可能だが、ダブル位で巻くチューブがベスト。
初心者にはハードすぎる波。
スウェルー南西
オフショアー北東

能野ポイント

良質のサンドバーが決まりやすい能野ポイント。
透明度の高い美しい水が、薄いカーテンのようなバレルを形成し、サーバーの体を包み込む。

 

7月〜9月の台風や低気圧の接近中が、あるいは南海上に停滞している時が狙い目。
lovesurf