サーフィンを上手くなるためには、メンタルが重要!

サーフィンはメンタルがとても重要なポイント

どうもこんにちはSUNです。

今回はサーフィンを上達する上で大切な心と考え方について書こうと思う

いろいろなサーフィンの雑誌やネットとかでテクニックについて手足の動きや体重移動について書いているのを、多く見るがその前に大事なものがあるそれはハートである

サーフィンには人それぞれ楽しみ方がいっぱいある僕はそれを否定しないが
本当に上手くなりたい人はこの書いてることを忘れずに取り組んでもらいたい

 

かなり上からではあるが、その辺は流しとって下さい
すいません
一応僕もサーフィンは20年ぐらいやっていて、スペシャルクラスで戦える位のレベルである
なので初心者の方や上達したい方に
是非読んでもらいたい為に書きました

 

まず始めに1番大事な事はサーフィンに対する情熱であるこのパッションがなければサーフィンは絶対に上手にならない
上手くなったとしても、それは時間がかかる
サーフィンを始めるきっかけはかっこよくて女にモテるから
お金がかからず健康的であるから
色々ある そして、どっかでサーフィンの魅力に気づいてスイッチが入る

それが情熱スイッチである。

僕の場合初めて横に走れた時スイッチが入ったそこからどうしたら上手になるか考え始めた
サーフィンの雑誌を見たりドジ井坂先生の
HOW TOサーフィンを読んだり、サーフィンが上手な人に聞いたりいろいろした、上手な人に聞くのが1番いい。
一緒に海に行くのが理想的ではある
もちろん毎日筋力トレーニング、体の柔軟体操は欠かさずにやったほうがいい
体が固かったらサーフィンは上手くならない

 

そして海への愛とサーフィンへの愛
lovesurfである
気持ち悪いかもしれないがマジである
海を愛する気持ちがあればゴミを捨てたり汚したりはしない、lovesurfを持っていれば必ず良い波に当たる

 

それから、いい波であろうがが悪い波であろうが
小さかろうが大きくあろうが、サーフィンができる波であれば必ず海に入る

 

後は海に入っていてもう上がろうかなぁと思ってから、どんな波でもいいんで必ず五本乗ってから上がるようにする、これは後になって結果となってついてくる
これは僕が尊敬するサーファーである人に、教えてもらった
名前は言えないが宮崎ではみんなが知ってる人である、トップアマチュアでそこら辺のプロより断然うまい人である。

 

最後にはなるがサーフィンは情熱スイッチをどこで入れるかで上達のスピードが変わる
忘れないで欲しい

みんなで楽しくサーフィンしよう.

その他、サーフィンの考え方について書きたいと思います

スポンサーリンク
1人でも共感してもらえたら嬉しいです

 

サーフィンは本当に難しいスポーツです僕は今までいろんなスポーツをやってきました
自分で言うのもなんですがそこそこ何でも出来ました
ただこのサーフィンだけは一筋縄ではいかなかった、半年や一年でバリバリにマスターできるようなスポーツではなかった
それだけ難しいんです、9割は途中でやめてしまいます
ただ一度ハマると、もう止められないサーフィンの虜になってしまう 頭からサーフィンのことが離れなくなる位、魅力的なスポーツである

 

サーフィンが上達するためにすることは、海に入るのが1番いいんだが
普段から筋力トレーニングは必ずしたほうがいいパドリングする上で必要不可欠なものである
僕が昔毎日やっていたトレーニングは腕立て50回2セット腹筋背筋50回2セットそして体を柔らかくする為の柔軟体操は、毎日必ずやった
始めは続けるのはしんどいが1ヵ月ぐらい続けてやったら当たり前のようになるんで結構できるようになる

 

スケボーもサーフィンにとって有効な練習方法です
手の動きや足の動き体重移動とかをイメージしながらやると、海に入ったときに体と頭が覚えているので、すんなりできる場合もある

 

サーフィンは恐怖心とも戦わなければならない
野球とかサッカーとは、死ぬかもしれない言う恐怖心はないと思う
恐怖心という壁を乗り越えてデカイ波をクリアしてときの達成感は他のスポーツでは味わえないほど嬉しいことである
ただそのデカイ波をクリアすることが難しい
溺れる恐怖と闘いながら波に挑まなきゃならない
この壁をクリアするには勇気しかない
自分を信じて勇気を出して戦うしかない
怖いから海から上がって後で後悔するか

勇気を出して戦うか2つに1つである

いきなりダブルとかトリプルの波に挑めとは
言っていないが、1サイズずつ上げていったらいいと思う
あくまでも僕の経験上であるので共感できたら試して欲しい。

 コラム

■管理人のコラム■

僕がサーフィンを始めたきっかけは、10代の高校生の時だった単純なことで日焼けしたらカッコよくなって女にモテるからうわ〜考えが浅くて馬鹿だな〜て思う

しかし少なからずそういった考えの人はいると思う
入り口はみんな違ってもサーフィンの魅力にハマったらもう抜け出すことができないほど楽しいスポーツである
例えばめっちゃかわいい女の子とデートするかめっちゃいい波を1人で乗り放題どっちにすると聞かれたら僕は即答する

絶対いい波。

てな感じである
分かりづらかったかな
ごめんなさい

話しがそれましたが、僕はサーフィンの魅力にはまったのは10代の頃ではなく、始めは友達たちと一緒に楽しくサーフィンしていただけだった
20代になって他に楽しいことが、いっぱいあって
友達たちと遊びまくっていた、その友達たちも結婚とかいろいろな事情で会う時間が減っていった
気がつけば30代になっていた、何もすることがなく迷ってる時にもう一度サーフィンをしようかなと思ってる時、仕事場で1人サーファーがいたので一緒に行くようになったのがきっかけである

その人はあまり人付き合いがうまくなく苦手だが
サーフィンと言う趣味が一緒なだけで、すぐに仲良くなった
波に対してものすごく貪欲で乗れる波は全部乗っていた、しかもビッグウェーバー
その人からいろいろ教えてもらって自分のサーフィンを磨いていった
現在は自分の子供にサーフィンを教えるため宮崎に住んでいる
そのうちその子供たちの名前が全国に知れ渡るのが楽しみである

サーフィンをやっていると海の上で友達になる場合が多く、今でも海で会えば一緒にサーフィンをしたりしている
その逆で波の取り合いでどつきあいの喧嘩になったりする時もある、だから僕はあまり揉めないようにしている
楽しくサーフィンしに来てるのに喧嘩したらテンションが下がってしまうからである。

今までいろんなスポーツや遊びを体験してきたがいまだに続けているのはサーフィンだけである

そんな感じで今の僕がいる
多分このまま辞める事はないだろう

lovesurf