【サーフィン】福井、鳥取、島根サーフポイント情報&アドバイスn

西日本海のサーフポイントを紹介します

福井県のサーフポイント情報&アドバイス

三国
福井県北部のいわゆる嶺北方面を代表するメジャーエリア。波の上がる条件は石川県の南寄りとほとんど同じで、西高東低の気圧配置で北西風が吹く冬場がメインシーズになる。メインブレイクは未来にポイントで、ビギナーから気軽に楽しめるビーチブレイクだが、少し南に下った鷹巣五木ポイントがハードな場合も鷹巣新港ポイントならば右側のタンク横などでサーフィン可能になる。
鷹巣新港、鷹巣五木ともにサイズが上がるとおきに流れる強いカレントが発生するので注意したほうがいい。

 

三国ポイントから東尋坊を挟んだ北側には雄島(おしま)と呼ばれるビッグウェーブポイントがあるが、シャローなリーフでブレイクすることやカレントの強さを考慮しても非常に危険なポイント。その上、ここは島全体が地元の漁師さんたちが海の神様を祭った神社となっていて、島の北側にあるグーフィーブレイクにアクセスするためには橋を含めて神社の私有地を通らねばならず、信仰心から地元の人々の反感を買いがちである。神主さんと知り合いである未来にローカルでさえ遠慮しがちであることを理解しておこう。

鷹巣五木ポイントが北西や北ウネリでクローズ気味なときには、隣の鷹巣新港ポイントを要チェック。
右手にある石油タンクなどのお陰で風の影響を受けにくい。

高浜
福井県西部にあり、近畿の都市園からのアクセスの良さも手伝って、関西サーファーにも人気のビーチブレイクエリアだ。どのポイントも基本的にサンドバー次第でブレイクは変化するが、海岸の向きが適度に変化しているため、風向き、ウネリの向きによって適したポイントを選ぶことが可能だが、全般的には北西ウネリで波が整いやすく、また残ることも多いと言える。
僕は、いつも高浜の方面に行ったときは、鳥居浜で入る。人は、多いがなかなかいい波である。
駿河方面のレインボーポイント、日向ポイントはビックサイズでもサーフ可能だが、近年はビジターによる事故も多発している。上級者以上のポイントであることを心得よう。

スポンサーリンク

アドバイス

高浜メインポイントがビックサイズで北寄りの風によるチョッピーコンディションの場合、このエリアでは難波江ポイントが要チェック。1サイズ小さめで、まだ風の影響あまり受けずにサーフィン可能な場合がある。左奥へ行けばダンパー気味のブレイクが多いもののサイズはさらに抑えられる
高浜の周辺のほとんどのポイントがクローズしたら、鳥居浜ポイントの1番西側にある城山ポイントをチェックしてみよう。地形は決まりにくいけど、うねりが回り込んで入るポイントなので、鳥居浜がデカイ波の時に、行けば2サイズ小さめでサーフできる。

難波江ポイントがハードなときにはすぐ先にあるビーチをチェック。1サイズ小さめでサーフ可能。

日本海は波が大きいか、小さいかで極端なため、あまり無理せずに自分のレベルにあったポイントでサーフィンしよう。

鳥取県のサーフポイント情報&アドバイス

鳥取
全体的に海岸が北向きなので、西高東低の冬型気圧配置による北西〜西寄りの風によって波が上がる。東西に長く延びた海岸線に数多くのポイントがある。東寄りのビーチは近畿都市園からのアクセスも良く、岩戸P、白兎Pといったメジャーポイントもある。西に向かうにつれてリーフ屋玉石ボトムのビックウェーブポイントが並ぶが、こちらは東寄りのビーチがクローズする頃に初めてその真価を発揮するハードなエリアで、近年の心ないビジターによるルールマナー違反等の影響もあって、残念ながら閉鎖的な感じになってきてるので注意してほしい。

アドバイス

北西風の場合には羽尾P.ポート赤崎P.八橋P.船磯P.
が要チェック。左側に山や大きな堤防などがあり、風邪を軽減してくれる。
北東の風であれば青谷P をチェック。右にある岬が風を軽減してくれるため、船磯が風が強い時、クローズした時に行けばサーフ可能。
青谷Pから羽合Pまでのビーチはキャパシティーが広く、比較的ビジターにもオープン。

 

弓ヶ浜Pにエントリーする際に車を止める展望台の駐車場は、もちろんサーファーだけのためではないことを忘れずに。
ポイント近くの道路は生活道路である場合も多い、走行時、駐車時には地元の人たちの迷惑にならないように配慮しましょう。

島根県のサーフポイント情報&アドバイス

島根
島根半島から西に向かうにつれて北向きだった海岸が徐々に北西により傾いているため、冬場の北西よりね季節風がサイズアップすると言う日本海側の波の特徴が現れる。ほとんどがビーチブレイクと言うこともあって強い北西が続くとほぼ全面にわたってクローズしてしまいがちだが、冬型の気圧配置が緩んで風が弱まるタイミングを狙えば、コンディションが落ち着いて比較的短時間ながらも遊べる波となる。
またベストコンディションとなるパターンの1つとして、北海道の西側に発達した低気圧が停滞し、なおかつ山陰地方の等圧線の間隔が広がって風が弱まっている状況があげられる。

アドバイス

冬場に山陰地方の天気予報で、明日の朝は放射冷却が強まると言っていたら、その時が狙い目。強かった冬型の気圧配置が緩む証拠であり、グッドウェーブに当たる確率が高い。このタイミングを見計らって、いい波をゲットしよう。
北西の強風でエリアのほとんどのポイントがクローズしたら、石見海浜公園ポイントの左奥にあたる姉が浜を要チェック。西側に岬がありこの風の影響を軽減してくれる。ただしサイズアップするとカレントが強くなる上、テイクオフポジションのすぐ前に岩棚があり危険なので、上級者向けのポイントと言える。また、初〜中級者なら千畳ポイントの左奥の河口を要チェック。ここは周辺を堤防などの人工物に囲まれているため、波膝こそいまひとつながらも腰程度のサイズでサーフィンが可能となることが多い。

 

さっきも言ったように海沿いは生活道路となっている場合も多いので、地元住民の迷惑にならないように細心の注意を払いましょう。
あと、車上荒らしがあるので、鍵をかけるのはもちろん貴重品を車内の見えるところにおかないように注意しよう。
これから日本海がシーズンなので、楽しくサーフィンをしましょう、みんながグッドウェーブに当たるように願っておきます。

lovesurf

サーフィン無料波情報・関西サーファーのためのweve-bingo/毎週末更新