サーフィン初心者のサーフボード選びからルールやマナーまで覚えておこう

サーフボードの選び方

オールラウンドボードを選択しよう

 

これからサーフィンを始める人は、どんなボードを選んでいいのか?分からないと思う。サーフィンに詳しい人が近くにいれば、その人に教えてもらえるが、いない人たちもいると思う。

サーフショップに行って聞くのもいい。ショップなら始めから丁寧に教えてくれるので、サーフィンが上達していくなかではいいと思う。ショップに通っているうちにサーフフレンドができて、サーフィンの幅も広がり楽しくなってくるにちがいない。

ただサーフショップは、なぜだが近寄りにくい感じがしてしまう人もいるだろう。そんな人たちは自己流になってしまう。そんな人たちのために、どんなサーフボードがいいのかを紹介したいと思う。

オールラウンドボードで長さを基準に選択する

まず、体重50㎏から65㎏までの、一般的な人を基準とすると、5‘10から6‘3のの長さの範囲でサーフボードを選択することにいなる。体重がある人」は長めのボートで6‘2、6‘3ぐらいが適当だろう。

体重が軽ければ5‘10、5‘11と短い物を選ぶ。以上が一般的なだいたいの目安だが、初心者だと、安定性が最優先であるので、通常の基準より長いボードを選ぼう。

体重が50㎏程度だと最低でも6‘0、6‘1程度、体重が60㎏以上あるとしたら6‘3、また6‘4あってもいいだろう。浮力が多い方が初心者にはのりやすいからだ。

1インチというのはわずか2.5㎝。サーフボードというのは、長さが1インチかわるだけで、その性能はずいぶん変わる。幅や厚さになると1㎝違うだけでも性能が変わる。2本目、3本目と経験が増えてくる過程では、自分のボードの数値について気にするようにしたい。
長さ:183㎝(6‘1)/幅:47.5㎝/厚み:5.7㎝
レール:ソフトレール  ボトム形状:フラット+Ⅴ
体重50㎏~55㎏ぐらいのビギナー向け

この上記書いてあるのが(オールラウンドボード)の基本ではある。よく初心者は浮力があって、幅もあり、長さもあるボードがいいと書いているが、それが絶対ではない。なぜかというと長くて幅があると逆にパドリングやテイクオフがやりずらくなる場合もある。

若い人だと最初から中級者レベルと同じ長さ、幅のボードを選択するほうが、上達する時間を短縮できる。ただし選ぶなら、どんなコンディションでも乗れるオールラウンドボードを選ぼう。新品で中古でもどっちでもいい。

そのボードでサーフィンが上達してきたら、自分が好きなサーフボードのメーカーを選び、長さ、幅、厚さを変えていけばいいと思う。

持っておきたいサーフィンに必要なギア

ウェットスーツ
サーフポイントによって水温は違う。夏の暖かい場合でも水温は冷たいところもある。一年を通して必要になってくるので何枚も持っておくと便利だ。冬用を1着と、春・秋用を1着、最低2着あれば一年を通してサーフィンできる。

即日出荷!【18 BILLABONG(ビラボン)日本正規品】2018年 バリュー 3ミリ フルスーツ BACKZIPPER(バックジッパー)春夏用 Athlete Jersey Jr.2 仕様 ウェット 大特価!ビラボンウエット【メンズモデル】品番AI018-003 ビラボン ウェットスーツ

価格:31,536円
(2018/4/24 01:22時点)
感想(25件)

リーシュコード
サーフボードと足首に繋いで、体からボードが離れないようにする流れ止めのコード。 サーフィンするときは必ずリーシュコードをつけること。

スポンサーリンク
DAKINE   6’X 3/16″ リーシュコード 

デッキパッド
サーフボードのテールの部分に貼り付ける滑り止めのパッドのこと。ほとんどのサーファーが付けている、種類もいっぱいあるので自分の好きなパッドを選ぼう。

DAKINE PARKO PRO PAD デッキパッド

ボードケース
ニットケースとハードケースの2種類があり。ニットケースは布で包んでいるだけなので、傷が付きやすいのが欠点。太陽光からボードを守ってくれるし、使い勝手の良さから愛用するサーファーは多い。
ハードケースはボードを保護するにはベストである。これも愛用しているサーファーは多い。

DAKINE 6’3″ SURF DAYLIGHT-HYBRID サーフボードケース

ワックス
サーフボードのデッキ部分、乗る面に塗って足がすべらないようにする役目をする。「cool」「warm」など海水温別になっている。
海水温度に合ったワックスを使うこと。
ベースコートワックスを下塗りして、その上からトップコートワックスを塗るのがいい。
厚くしっかりデッキにワックスを塗る。「sexwax」はワックスの老舗ブランド。ラベルの色で水温別に分かれている。

ワックス,トップコート,ベースコート●SEX WAX,セックスワックス

価格:240円
(2018/4/24 01:19時点)
感想(39件)

これだけは必ず覚えよう!サーフィンでのルールとマナー

 

ワンマン・ワンウェイブ

これはみんなが知っているワンマン・ワンウェイブといって1本の波に乗れるのは1人だけが基本のルール。先に乗っているサーファーのライディングを絶対に邪魔をしてはいけない。
万が一邪魔をしてしまったら、「ごめんなさい」の一言は必ず言うこと。なかなか波に乗れなくて、やっとのことでテイクオフも上手くいって波に乗れるチャンスがきたと思ったら、他のサーファーに波をとられてしまうことは、とても悔しくて残念と思う、しかも邪魔をしてしまったら謝らなければならない、心が折れてしまいそうになるが、サーファーなら誰もが通る道なので、諦めずにがんばろう。上達して本物のサーファーの仲間入りをしよう。

ドロップインと波の優先権

1本の波に乗れるのは1人だけ、サーフィンの大原則である。波のピークよりで波に乗った人に波に乗る優先権がある。ピークから乗ってきたサーファーがいるのに、その途中から波に乗ってしまうことを、ドロップインという。ドロップインしないことが、サーフィンで最初に覚えるルール。

もしドロップインしてしまったら、すぐにライディングをやめてプルアウトすること。そして相手に「ごめんなさい」と謝ろう。

混雑する海では一斉にブレイクする波では、優先権の見極めが難しい。テイクオフがほとんど同時の場合は、先に方向づけしたサーファーに優先権がある。ただビーチブレイクではピークがはっきり分からないことも多い、だれに優先権があるのか分からないこともある。

そのためにトラブルになってしまうこともある。どちらか一方的に責任があるわけではないが、お互い様という気持ちでこちらから謝れるぐらいでいよう。

サーフィンのlovesurfは大事で、波を分け合う余裕があるサーファーほどサーフィンを長く続けられるし、いい波を乗っている。

波待ちのときも気をつける

波待ちの位置にも気をつけたい、波に乗ってくる人の進行方向で波待ちをしていたらライディングの邪魔になってしまう。ピークのそばで波待ちはするが、初心者のときはインサイドで練習をすることが多い。

アウトからライディングしてくる人の邪魔になる可能性が高いので、初心者のころは、なるべく人の少ない場所を選んで練習をしよう。

ワイプアウトのときはボードを飛ばさないように気をつける

サーフィンのときはリーシュコードをつけるのは絶対だ。ボートが流されることを防ぐだけではなく、他のサーファーを危険から守るためでもある、ボードにあたれば怪我をするしあたる場所が悪ければ大けがをしてしまうこともある。

混雑しているポイントでワイプアウトやライディングを終わるときは、サーフボードを意識的に大きく蹴らないこと。もし逆の立場で考えたら、びっくりする。人が多い所ではボードを離さないようにこころがけよう。

lovesurf

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です