初心者サーファーの方へサーフィンのテイクオフはちょっとしたコツで変わる

テイクオフを成功させるためのコツ

自分の動きと波の動きのタイミングを合わせる

海に着いて、”よし入るぞ~”と言う気持ちにサーファーならなるはずだ。この気持ちは、みんな同じである。

アウトに出て波待ちを、普通に待っていても目の前に来る波しか乗れない、しかも
数えるぐらいしか乗れないであろう。波は絶えず動いており、特にビーチブレイクの場合はピークが移動しているのだ。

その時の波のブレイクポイントのベストポジションをキープすることが、1本でも多く波にのるコツだ。

そのためには、自分の動きとウネリのタイミングを合わせて、波をつかまえるイメージを描くことが大切だ。

波がブレイクする場所に、パドリングして一番乗りやすいポジションに移動して、波をつかまえるのだ。

波が最初にブレイクする所 ”ピーク” から乗ると力が伝わりやすいし、パワーをあるので乗りやすのだが、タイミングがズレて遅すぎと。パーリングしてしまうし
、逆にピークを外して ”ショルダー” から乗ると置いてかれてしまうことも、よくあることだ。

そのためウネリの動きを読みながらパドリングをしてベストなポジションに移動してテイクオフすることが1本でも多く波にのるコツである。

波には、小さい波や、大きい波、タルイ波、、色々ある。その時の波の状況でブレイクする所も違うので、その場所にパドリングをして波の乗る。これは経験を積んでいくしかない。
色々な波に乗って自分のものにしよう。

スポンサーリンク

 

サーフボードが滑ったらワンテンポ置いたらテイクオフは成功しやすい

パドリングやスープでのサーフィンの基礎をマスターしたら、次はウネリからのテイクオフにチャレンジしよう。波が崩れる前(ウネリ)からのテイクオフが出来た時は、本当にうれしい。

ここでたいていの人は慌ててしまう。テイクオフは立つタイミングで後のライディングに大きく影響してしまうので注意してもらいたい。

早く立つと波に置いてかれてしまうし、遅すぎるとサーフボードがボトムまで落ちてしまう。このタイミングも経験がものをいうんだが、コツもちゃんとある。

ボードが滑りだしてからパドリングをやめて、ボードに手をつく際に、胸でボードを前に押す。この感覚が大事。

波がタルイときは、アゴをデッキに押し付けることもあるぐらいだ。この動作がテイクオフの前のワンテンポになって、余裕ができて、しかも慌てることもなく冷静になれるので、テイクオフが成功しやすくなる。

サーフィンがだんだんと上手くなってくると、もっとサーフィンが好きになり、早く海に行きたくなってくる。
テクニックも始めは出来なくても、練習したら必ずマスターできるようになる。

できたときの達成感は最高で、例えようがない位嬉しいし楽しい。どんなスポーツにもマスターしなければいけないテクニックがある。覚えていく中でコツは必ずある、そのコツを覚えるか覚えないかで、上達のスピードは変わってくる
もちろん基礎は大事だが、基礎を覚えつつそのコツを自分の中に取り入れて、みんなと差をつけてサーフィンを上達していこう。

lovesurf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です